« しちせき | Main | モナリザオーヴァーCDドライヴ »

2009.07.08

ちえみちゃんとこっくんぱっちょ

こういう感想は変かもしれないけど、
ラストの予想外性は、
この後に来る2作(「ジャーマン+雨」「UMLS」)、
よりも上だった。
見ていて思わず「はあ?」、
いやいやツッこみのように使うレヴェルじゃなくて、
もっと早口に息せき切って言うようなレヴェルの、
つまり仰天調の「はあ?」。

自分自身「ウルトラミラクルラブストーリー」では、
どうにか論理の線上でラストを捉えようとしてたけど、
このデビュー長編を見てちょこっと考えを改めて、
横浜聡子てそういう人ではあったんだね、
というのがよくわかった。
小動物系の何も知らないって顔してるくせして。

それでも、
その意外なラスト以上に、
友だちの結婚式のスナップ風フィルムから、
(元々はそういうものだったらしい)
フィクションを立ち上げて、
最後あそこに落とす発想が異様。
父親が若い女連れて来て共同生活が始まる…
みたいな物語の型は、まったく違和感ないんだけど、
なぜかその型によりかからないという、
そこが異様。

要約すると、バランバランな3つの柱の出来事が、
平然と共存していて、
共存自体は、まったく違和感ないんだけど、
共存するにあたっての平然感が、
横浜聡子なのだな、と。
例えば西川美和のようないかにもな人より、
ふてぶてしい監督なのだな、と。
褒め言葉ですけど。

横浜聡子恐るべしだ。タチが悪かったのか…

|

« しちせき | Main | モナリザオーヴァーCDドライヴ »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ちえみちゃんとこっくんぱっちょ:

« しちせき | Main | モナリザオーヴァーCDドライヴ »