« 嵐の中 | Main | 閉館 »

2009.10.28

U17第2戦・対スイス

ま、ゲームの肝は、誰でもわかるように、
前半の失点だったわけだけど、
あそこでお子さんたちに失点するな、と言うのは、
そりゃ簡単なんだけど、言うだけじゃできない、
特にイケイケの時は、イケイケしか考えてないのが、
お子さんたちなわけだから、そこは何かで手を打つ、
そういう準備をちゃんとしておくとか、
最悪、失点はしょうがなかったとしよう、
ハーフタイムで水を入れられるわけだから、
後半、ゲームの入りっぱなの戦術を、
簡素化徹底させるとか、まぁそういった変化が、
何というか、全然ないように見えたのが、
やっぱりベンチがアレなのかね?と思わすのに十分で、
そもそも、杉本を宮吉に代えて走らせる、のはわかるけど、
暑い中、じゃ後半は杉本で行くのね、という手なわけだから、
前半はすげえ精度のクロスを上げていた堀込・柴崎の、
動きががくっと落ちた後半、すぐにでも杉本を、
入れようとしない理由がよくわからず、
そうはいっても、先に点を取って、
その後当然相手がパワープレイに出てきた時に、
こうこうこうしてこう対処する、といったゲーム・プランが、
まさかなかったとは思えず、
要するに、特にリードしてからのプランが、
高度すぎるのかハッキリしなかったものの、
単にお子さんたちがそいつを遂行できなかった、と、
それだけだよね? ならしょうがないんだけど。

まぁ、PKの時を含めて今日の日本には、
ツキもなかったわけじゃないし、
高木、柴崎、宮吉、杉本、1本ずつは、
絶好の決定機が、後半もそれぞれあったわけで、
今日の宇佐美みたいに片手ほども外しちゃ、
そりゃ難しくなるけれど、苦笑、そこで沈めるか決めないかで、
いかに試合が左右されるかってことが、
改めて身にしみたと思うな。
ま、勉強、勉強。
ドイツだって3-0からPKを取られたのを立て直せず、
10分ほどでナイジェリアに同点にされて呆然としてたし。

もっとも個人的には、この試合は分けと計算してて、
勝点1は失ったものの、ブラジルがメヒコに負けたんで、
次の試合勝って、不安定なブラジルがスイスに負けたら、
驚異の2位通過、ってのもまだあるぞ。頑張れ。笑。
1次リーグへろへろで、でもぎりぎりで通過、ってえのも、
強いチームの条件だぜ。

U-17 World Cup Nigeria 2009
スイス 4-3 日本

|

« 嵐の中 | Main | 閉館 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15384/46607893

Listed below are links to weblogs that reference U17第2戦・対スイス:

« 嵐の中 | Main | 閉館 »