« 1年ぶりの | Main | しのぎ »

2009.10.11

ブラジル-ドイツ

事実上の決勝戦、と言われてたらしいけど、
いやいやいや、
ほとんど敗色濃厚な中で飛び出した、
88分、マイコンの起死回生同点弾は、
軌道の物凄く美しいシュートだった。

今日は2トップ(カルベッキ、テイシェイラ)が、
2人ともダメダメで、まぁそこらへんの波が、
実にU-20ではあるのだけれど、
結局、後から出てきた選手も、
最小限人数でゴールを奪えるという、
層の厚さって言うんだろうなぁやっぱ、
そこらへんが地力の違いになんだろうね。

ドイツはルイス・ホルトビーを下げたのが、
悔やまれることに。監督ホルスト・ルベッシュの、
って随分懐かしい名前だなおい、笑、運の尽きだったか。

MVPはもちろんマイコンだけど、
1次リーグ以降赤丸急成長中ラファエルの好守と、
10番ジュリアーノの落ち着きも、今日の特筆だと思う。
ドゥグラスとダウトンが次出られないけど、
それほど問題はないのかと。
ドイツに勝った慢心だけが今のところは敵。

FIFA U-20 World Cup Egypt 2009
ブラジル 2-1 ドイツ

午後はエンペラー・カップで、
それからドームへ行った。品川の。

|

« 1年ぶりの | Main | しのぎ »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブラジル-ドイツ:

« 1年ぶりの | Main | しのぎ »