« ブラジル-ウルグアイ | Main | 1年ぶりの »

2009.10.09

モーターサイクル・ダイアリーズ

後にクーバで再会することになる、
もちろんアルヘンチーナの男たちの話、
ではあるんだけど、笑、
あえて取り出してみた。つか、アルヘン、案外、
逆ピックアップしてること多くね?…と思ったりも。笑。

旅、繭の濃い女たち、キリスト教株式会社、病気、
ロルカやパブロ・ネルーダの詩、市場、
無能なスペイン連中の壁、歯に衣着せぬ言動、
娼婦、ギャンブル、フットボール、そして変革。
映画の中に何もかもぶちこまれてて目が奪われる。

音楽でいえば、チチーナと踊った際の、
コンチネンタル系なタンゴから、
人妻とフェイドアウトするタイミングを間違えて、
ヒドイ目に会ったチリの店での大衆曲、
サン・パブロ(ペルー)の病院のパーティでは、
マンボもかけられる。ペレス・プラードだ。
年代が若干混乱するけど、彼らが生きてたのは、
確かにそんな昔の話じゃない。

いや、昔の話じゃないどころか、
南米がバラバラになって苦しんでるのはおかしい、と、
編中語っていた、後の“司令官”は、
広島の原爆慰霊碑を訪れて献花までしているわけで。
ちょうど40年前の今日が、
ボリビアで処刑された命日なのだった。

|

« ブラジル-ウルグアイ | Main | 1年ぶりの »

Oto」カテゴリの記事

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference モーターサイクル・ダイアリーズ:

« ブラジル-ウルグアイ | Main | 1年ぶりの »