« 腹十二分目 | Main | 富士山 »

2009.11.16

U17決勝

まぁ、スイスの、
ゲーム・プラン通りの試合、だったわけだけど、
やっぱり考えさせられるのは、
高速<裏をかく動き
ってことだったかな…

高速だけじゃなくて、
力が強い、とか、ナリがデカイ、とか、
そういうものに頼ってしまうと、
頼り幅が大きくて自信やプライドも特大なだけに、
ひとたび物事がうまく回らなくなった時、
アタマが硬直して、
逆にウィークポイント化しがち。
速いとか強いとか大きいとかは、
脆さにつながりやすいのかもしれない。

その圧倒的なフィジカルで、
ここまで勝ち進んできたナイジェリアが、
その圧倒的なフィジカル信仰ゆえに、
例えば無駄走りのようなプレイを失っていくさまが、
印象的だった。

一方、スイスについては、
いちおうこれを読んだので、
単なる幸運じゃないことは納得しました。
GKとの1対1、DFは関係ない…が、
崩しより先ってことか。なるほど。

オシム翁じゃないけど、
勝負事は頭脳を使って、
圧倒的に結果を出す方が正義だ。

ただ好き嫌いでいえば、
ナイジェリアの祝祭フットボールも、
好きなんだけどね。笑。
雨あられシュートのどれか1つでも、
ネットを揺らしていたら、
もちろん正反対の結果だったと思う。

U-17 World Cup Nigeria 2009
ナイジェリア 0-1 スイス

|

« 腹十二分目 | Main | 富士山 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference U17決勝:

« 腹十二分目 | Main | 富士山 »