« 荒療治その2 | Main | 蹴り納め »

2009.12.27

荒療治その3

これだけ摂生に摂生を重ねてるにも関わらず、
復調の兆しがいっこうに見えないため、
ここはもう心を鬼にして、(←使い方合ってるよね)
さらなる荒療治に出ることにした。

某川べりでのチームKの、
フレンドリー・マッチへ。10時集合。苦笑。
いや、決して、大先輩に抗し切れなかったから、
ではないでしょう、と思います。たぶん。きっと。

グラウンドは、「緑地」という、
小学生たちがいつも使ってる所…なんだけど、
「緑地」とは名ばかりで、むしろ、
足挫かないようにと注意が出るほどのボコボコさ。
つうか、子供たちはいつもよくやってるわ、
応援の親たちに「ちゃんとボール止めろ」とか言われて…

ムリ。


なお、相手はけっこうな若手+大人数、
だったのに対して、手前どもは、
さすがに召集がかかっただけあって、14人。
うち、どういう上下関係になってるのか、
どのセットも審判を出さねばならず、つまり、

休みなし。

まぁ“荒療治”なんで文句は言いませんが。気が弱いし。

それでもチームKではホント久しぶりの、
あくろばてぃっく目な左足ボレーを決めたりもしたものの、
14時まで時間いっぱい続けたら、
何となくどうにかなるようなな不穏な予感がしたため、
Oさんにケジメをつけて30分前に足抜けさせてもらった。
えんこまでは取られなかった。助かりました。

ところで。実は今日はチームMも蹴り納めで、
昨日の会場にて、
同じ時間帯に蹴ってるはずだったのだけれど、
とりあえず1年のご挨拶だけをしに、
川べりから30分自転車をこいでグラウンドへ行ったら、
世話人氏に「じゃ、赤チームの方(に加わって)ね」
つか、「じゃ赤チーム」じゃなくて。

で、(14時すぎに着いて)16時近くまで。
今日はフルコートで。高校生も何人か入ってて。
そういえば昼メシ食ってる時間もなかった、ような。涙。
ま、しょせん“荒療治”なんで、仕方なくというか。
気が弱いし。

何か、唇回りはともかくとして、
体がボロボロになってる感じが少ししたりもするけど、
気のせい、でしょう。
気のせいだと思います。たぶん。きっと。

|

« 荒療治その2 | Main | 蹴り納め »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 荒療治その3:

« 荒療治その2 | Main | 蹴り納め »