« 東京カップ第2戦 | Main | 最初に読んだのは »

2010.02.15

生誕100周年

を迎えて、
あちこちで催し物が行われている山中貞雄。
現在見られる戦後公開版たった3作、涙、のうち、
一般的には「人情紙風船」の人気が、
一番高い?みたいだったんだけど、
自分が断然好きなのは「百萬両の壺」。
あの江戸前ツンデレの独特な(ベタな、笑)味わいが、
何とも言えない魅力だし、
自分にとっての大河内傳次郎左膳は、
カンペキ、剽軽おじさんのイメージが強い、笑。
(まぁ伊藤監督作品は見られないし、
そもそも大して観てるわけでもないんだけど)

その「百萬両の壺」、BSでもまたやるようなんで、
見てない人は必見す。面白いよー。
(近くに住む人ならこっちでも)

Sadao

|

« 東京カップ第2戦 | Main | 最初に読んだのは »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 生誕100周年:

« 東京カップ第2戦 | Main | 最初に読んだのは »