« 3度目の開幕 | Main | 東京カップ第2戦 »

2010.02.13

レベッカ・ホルン

車に乗せてもらって遠出演習にMOTまで。

Mot1

ミヒェルシュタットな女性で、
ドクメンタ等に参加。
機会仕掛けの“動く立体作品”に関しては、
その微妙な動きが個人的には、
イマイチ微妙すぎ、だったんだけど、
天井から逆さ吊りにされたピアノが、
忘れた頃に動いて(15分ぐらい間隔!)
異音を奏でる「アナーキーのためのコンサート」は、
見モノだった。特に放り出された鍵盤が戻る時の方。

あと、バスター(・キートン)と聞きつけて、
「バスターの寝室」という映画(100分の長編)を観たんだけど、
キートンはあんまり関係なかったものの、
ドナルド・サザーランド@ホークアイや、
ジェラルディン・チャップリン@チャーリー長女などが出てる、
結構マトモな(?)アルトーちっく作品で、
もしかしたら寝ちゃうかも、と思ってたら意外に面白かった。

Mot2

|

« 3度目の開幕 | Main | 東京カップ第2戦 »

Art」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15384/47604475

Listed below are links to weblogs that reference レベッカ・ホルン:

« 3度目の開幕 | Main | 東京カップ第2戦 »