« 3度目の開幕 | Main | 東京カップ第2戦 »

2010.02.13

レベッカ・ホルン

車に乗せてもらって遠出演習にMOTまで。

Mot1

ミヒェルシュタットな女性で、
ドクメンタ等に参加。
機会仕掛けの“動く立体作品”に関しては、
その微妙な動きが個人的には、
イマイチ微妙すぎ、だったんだけど、
天井から逆さ吊りにされたピアノが、
忘れた頃に動いて(15分ぐらい間隔!)
異音を奏でる「アナーキーのためのコンサート」は、
見モノだった。特に放り出された鍵盤が戻る時の方。

あと、バスター(・キートン)と聞きつけて、
「バスターの寝室」という映画(100分の長編)を観たんだけど、
キートンはあんまり関係なかったものの、
ドナルド・サザーランド@ホークアイや、
ジェラルディン・チャップリン@チャーリー長女などが出てる、
結構マトモな(?)アルトーちっく作品で、
もしかしたら寝ちゃうかも、と思ってたら意外に面白かった。

Mot2

|

« 3度目の開幕 | Main | 東京カップ第2戦 »

Art」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レベッカ・ホルン:

« 3度目の開幕 | Main | 東京カップ第2戦 »