« 東京カップの | Main | 寒ぶり »

2010.03.07

アデュー・フィリピーヌ

今までこれほどまでに、
他愛ない映画を見たことがあったかなぁ。

言ってみれば、
奇跡のように他愛ない映画で、
中古車のリズミカルなバックだけの動きや、
まだパリですら物珍しげに振り返る人の多い街頭撮影や、
延々横移動していきながら、
女の子たちが交わす言葉の意味のなさや、
フランス莫迦男お構いなしに躍り込んでくる、
イタリア莫迦男の口説き方、
そして祭の後のように淡々とかけがえのないラスト…

個人的には青春映画にはうるさくて、
それも他愛のなさ度によって厳しく評価が分かれ、
あまりに他愛がなさ過ぎると、
号泣してしまうクセがあるのだけれど、
(「うるさい」とか言ってる割に、
青春映画というものについて一般的な見方、感じ方、
ではないことは自分でもわかっている)
この、中身のないふわふわ感、
どこにもつながらないとりとめのなさは、
“奇跡のよう”としか言いようがない。

その場では平然としたままなんだけど、
じわじわボディーブローが効いて、
知らないうちに倒れている類の号泣作品。
何言ってやがんだこいつ?と思う人の方が、
たぶんマトモですが。

Rozier

|

« 東京カップの | Main | 寒ぶり »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アデュー・フィリピーヌ:

« 東京カップの | Main | 寒ぶり »