« 史上最強のバック・バンド 第2話 | Main | 踏みとどまり »

2010.05.22

インテル戴冠

出だしはバイエルンが押しまくってたんで、
普通に凌ぎゃインテル先制かな、と思ってたら案の定。
結果的にはジョゼさんのプランのベストな方通りに、
終始した、って感じっすかねー。
まぁあのミリートの落としとそれをスパッと止めた、
スナイデルのトラップは神技だったけど。

とにかく先手が重要ってことでいえば、
赤の人たちはミュラーのビッグ・チャンス外しが、
大きかったかと。
ゲルトだったら良かったのにね。笑。

で、その後もミリートの日、だったんだけど、
彼があれだけ自由だったのは、
やっぱりエトーに負うところ大。
今回の戴冠の影の立役者だろう、間違いなく。
つか、連覇ってのは凄すぎねえか?
あとユリウス・カエサル君がめちゃくちゃ良かった。
ジュリオ・セザル・ソアレス・エスピンドラ。
ブラジルの歴代GKの中でもかなり上位ランクだと思う。
それとやっぱりアルヘン落選組。
ディエゴ先生狂ってるとしか思えません。

まぁユナイテッドののことがあるわけだし、
「りべりがいなかったから」てな言い訳もあるわけだし、
めでたしめでたし。笑。

|

« 史上最強のバック・バンド 第2話 | Main | 踏みとどまり »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インテル戴冠:

« 史上最強のバック・バンド 第2話 | Main | 踏みとどまり »