« 準備と差 | Main | 近場復帰 »

2010.05.18

川の底からこんにちは

しじみ工場経営者令嬢の、
アナーキー・イン・ザ・UK。笑。

”明日“に向かっての希望の物語、
なんだろうけど、意外に肝は
死ぬ人間が出ることにあると思ったり。
(主人公の父親の社長が肝硬変だったかで死ぬ)
工場の持ち直しはアッパー系クスリ(Sとか)の、
一時的な前借りテンション高にも見えて、
むしろ死の映画なのかもしれない。笑。

最大のウィーク・ポイントは、
主人公が満島ひかりなこと。
ま、わかってるんだろうけど。
OL3人組の他の2人のどちらかが主人公だったら、
パンク度がもっとアップするのは、
誰の目にも明らかだから。
おばさんたちでバランス取ろうとしてるけど。

それでも男優陣がいい。岩松了絶品。
少なくともそんな新鋭の映画はめったにない、
って意味でもポテンシャルは高い。
リズムも独特だし。

|

« 準備と差 | Main | 近場復帰 »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 川の底からこんにちは:

« 準備と差 | Main | 近場復帰 »