« 南アフリカ2010 その20 | Main | フィジカル減衰 »

2010.06.30

南アフリカ2010 その21

◆日本 0-0 パラグアイ

まずガマーラの魂を継いだ守備の要、
カセーレスがいないってのは、
大きなアドヴァンテージだったんだけどね。

リスクを最大限回避して、
できればカウンター一発リポビタンか、
セットプレー、それがダメならPKまで引っ張って、
みたいなプランは、上を狙ってるなら、
そんな変なことでもない、か。
上を狙うと言いつつ、
このクラスではあまり見られない、
意図不明なキックが相変わらず多いけど。笑。

で、終わった時点でタラレバさしてもらえば、
前半CKからのロケのシュートが、
入ってたら、以後どんな展開になってたかねぇ。
もちろん点を取れないまま、
2002の二の舞って目もあったワケだけど、
少なくともモリモトは投入してただろうなぁ…
ケンゴのあの出来を見ると、なんつーかなぁ…

えーとモリモトってケガか何かだったんすか?

まぁある意味リアリティに徹した結果とはいえ、
3人の選手は全く使わず(+2人のGK)、
つまりチームの4分の1近くは全く使わず、
それに加えて5人は鼻クソほどしか使わず、
つまり半分でしか計算してないとは、
実にゼイタクな用兵だったニッポン。

積み重ねた戦術の役に立たなさ加減が、
一気に前景化したことで、
あとは団結するしか方法がなかった“幸運”。
だのに、そのほかでも円のように、
幸運をじゃぶじゃぶ無頓着に使ってたら、
そりゃ黄金も尽きるってもんなのだろう。
準備の大失態に変わるところは全くない。

PKの敗戦は別にもったいなくないけど、
(ベスト16者かベスト8者の違いでしかなくて、
力が見合ってなければ、
対外的メンツや称号はどうであろうと、
やっぱりフロックでしかないからさ)
何かいろいろともったいなかったW杯で、
“感動”云々からはもっとも遠い気分だ。

ただ、本田。これまでの試合の中で、
一番動いてた(走ってた)んじゃないか?

◆スペ 1-0 ポル

予想通り、ビジャ(2代目ボンバー)の、
いる方が勝ったってことで。笑。

そのビジャおつかれさん、で、
ペドロを入れるところがまたゼイタク。
ニッポンとは全然意味違うけど。笑。

順当な結果で、どちらかというと、
淡々と時が過ぎてったんだけど、
唯一うっほうっほしてたのは、
コエントランとセルヒオ・ラモスの戦い。
けっこう笑いながら見てた。

|

« 南アフリカ2010 その20 | Main | フィジカル減衰 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南アフリカ2010 その21:

« 南アフリカ2010 その20 | Main | フィジカル減衰 »