« 「勢い」との戦い | Main | 南アフリカ2010 その13 »

2010.06.21

南アフリカ2010 その12

◆いたり 1-1 NZ

まぁアレだ。
イタリアのこーゆーのってしょっちゅうだから。笑。
ロッシが出た84年のことがよく肴に出されるけど、
94年もなかなかに“必死だな”で、
グループリーグではクソミソ言ってた覚えがある。笑。
あの時はそれでもバッジオ1人の力で徐々に行けたけど、
今回は誰?ぴるろ?うーん…
とりあえず、デ・ロッシ演技賞でした。

旧き良きNZは、いい思い出づくりができたことかと。

◆セレソン 3-1 象牙

最初、ジェルビーニョが入ってない…てことは、
象牙やっぱり守りから入ったんだな、と思ったんだけど、
で、それは確かに王道で、
決して間違っちゃーいないんだけど、
結果論から言うなら、最初からイケイケで行った方が、
ぶらじるは調子狂わせたような気が。
象牙のじわじわした圧力は嫌いじゃないし、
ドログバはさすがだったんだけどねぇ。
(強いていえば、
自分たちから先に仕掛けにはいかない所が、
あくまでフットボール的意味でのウィーク・ポイントか)

1点目はGKノーチャンスだったし、
2点目もルイス・ファビアーノ得意の形にしてしまった。
(らしい一撃)。
逆にカナリアにしてみれば1次リーグこんな絶好調なのが、
むしろコワい感じで(82年のトラウマが…。笑)、
なんて危惧、笑、してたら、好青年退場。わざとか?笑。
(好青年はどうしても、
精神的に危うさがある風に見えんだけど、
まぁフットボールの選手ってのは大変ですよ)
エラーノも負傷、
それでも今のうちババ引いといた方が、
あとあといいことになるシステムだからW杯、笑。

いずれにしても、
守備ベースの大会にあって、
このグループは唯一全試合必見。
象牙これで難しくなった。
そりゃどこの国のギリシャ、とか言わないけど、
象牙と代わってほしいぐらい。もったいなさすぎ。

◆パラグアイ 2-0 スロヴァキア

スロヴァキアは何でこんなに大人しいのか、
不明なのだけれど、
点差以上にパラグアイの完勝。

パラグアイはホントいいチーム。
マルティーノがビエルサ門下だから当然?笑。
守備に関しては、ガマーラの魂が、
息子世代のカセーレスにしっかり引き継がれてるし、
攻撃面でもルーカス君の存在が、
大いに刺激になってるように見える。特にロケとか。
まぁ優勝は難しいだろうけど、
できるだけ長く残って下さい。
もっとも日本がベスト16残れたとしたら、
当たるのが一番いやなチームだろうけど。苦笑。

|

« 「勢い」との戦い | Main | 南アフリカ2010 その13 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南アフリカ2010 その12:

« 「勢い」との戦い | Main | 南アフリカ2010 その13 »