« 開眼 | Main | 南アフリカ2010 その19 »

2010.06.27

南アフリカ2010 その18

◆ウルグアイ 2-1 韓国

まずウルグアイはま、あんなもんなんで、笑、
つまり前2人の決定率はホント異様なんで、
特に書き加えることはなし。
ただフシレが調子悪かったのと、
あと、たぶん1点で十分と読んだんだろう、
韓国ナメ気味の省エネ布陣にして、
ラクに確実性を上げようとしたことが初失点、
さらにその後しばらくの混乱につながったわけだ。
逆に決勝点はディエゴ・ペレスの頑張りより得た、
コーナー・キックから。
ペレスがちゃーっと走った時、ふと、
“ああ点になるかも”と思ったんだけど、
そういうちょっとしたことが、この手の勝負では、
幸運を呼び込むことになる。

片や韓国。
まずパク・ジュヨンがねえ。
この大会、素晴らしいFKで点こそ取ったものの、
他はずっとアンラッキーボーイであり続けた。
それが韓国の堤防の一穴になったと思う。
それとイ・ドングク…。今日眠れないだろう。
結局セット・プレーからしか点が取れてないし。
あと、いつものようなガツガツ感が感じられず。
日本がトルキエに負けた時のような、
淡泊な印象すら受ける時があった。
でも今さらいうまでもなくパク・チソンは凄かった。
彼が3人、いや2人いりゃ、楽勝だったと思う。

◆ユーエスエー 1-2 ガーナ

個人的には象牙の方が好きなんだけど、
ガーナもチームのバランスが非常に良く、
充実してる。で、その上に、
ボアテンクグの起き抜けの一発とか、表現下品?、
決勝点のギャンの左足とか、
個性の強烈さが乗っかるわけだから、
こりゃもう、同点の瞬間はあ、やっぱりと思った、
あめこーの、最後にきての予想ハズしも、
しょうがないでしょう、と言い訳などしてみる自分。
分け入っても分け入っても青い山
でもドノヴァンPK入れた時はみんなもあ、やっぱりと、
思ったでしょ? 思わなかった? 苦笑。

つか、あのアナンが凡ミスを繰り返したり、
ガーナも疲弊してキック、トラップの精度が、
落ちまくってた時間帯もあったわけで、
その勝因は試合運びにあった、とも言えるんじゃない?
(↑キングソンの活躍は凄かったにせよ)
ゲームの殺し方も、
アフリカのチームじゃないくらいでした。
さてウルグアイとはどっちが先手を取れるかね?

最後に、ドノヴァンはどんだけ走んだよ!

|

« 開眼 | Main | 南アフリカ2010 その19 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南アフリカ2010 その18:

« 開眼 | Main | 南アフリカ2010 その19 »