« 南アフリカ2010 その9 | Main | 南アフリカ2010 その11 »

2010.06.19

南アフリカ2010 その10

◆セルビア 1-0 独

1回戦見て、
力強く優勝候補に推した途端にこれだよ。
若いって困ったもんだ。苦笑。

ということで、
これまたかなり因縁のカードだったんだけど、
後がないセルビアが窮鼠なんとやらで見事勝利。
得点シーンは素晴らしい球の繋ぎだったし、
コクがあったけどね。
しかしこの大会は、
ボールが浮き気味なことと、
もう1つはカードの出方に、
細心の注意を払うべきなんだよね。
勝敗まで左右することになるんで。苦笑。
(それにしても主審はカード出し過ぎるけど)

独はエジル@トルコ系が、
相変わらず惚れ惚れのプレーを見せてくれたものの、
(プレースタイルが重役に似てね?と思って、
自分で納得したり。笑。梶山重役)
ま、誰が見てもわかる通りポーランド系が、
残酷なまでにブレーキになった。
ま、勝負事に徹するなら、
サッと交替すべきなんだろうけど、
選手は人間だからねー。
で、不発のマリン、お前が打てのカカウ共に、
外れたわけだ。ま、そんなこともあるでしょ。

セルビアは、前節戦えねえなーと思ってたクラシッチが
キレキレで驚いた。ま、そんなことだってよくある。
何回もあった突き放しの決定機を決められなかったのは、
アレだけど、最後まで守りきったのは○。
素晴らしい戦いぶりだった。

◆アメ 2-2 スロヴェニア

おいおいアメどうしたんだよ、というような、
スロヴェニアの気迫で始まった試合、
なるほど翁(オシム)の言ってたのは、
これだったのか…的な本領発揮、だったのだけれど、
結局はアメの圧力に力尽きて、
ダークホースになり切れず。
金星はイングランド戦に委ねられることになった?笑。

スロヴェニアにとってはドノヴァンの追撃弾が効いたね。
シュートまでにあれだけ時間を与えちゃさすがに…
一か八かGKもっと出られなかったものか、だろうな。
しかしアメは今やドイツよりゲルマン魂。うぜー。笑。

◆英 0-0 アルジェリア

アルジェ全然臆してないところがOK、
ジアニ、ラセンらのテクニシャンに、
イエブダ、マトムール、ブゲラらの武闘派が絡み、
運動量はあるし、球際もそこそこ強いし、
これでメグニがいたらどうだったか、というか、
地域的に近いせいなのか?笑、
2002年のトルキエにも似ていて、応援につい力が。笑。

一方のいんぐらんどは、
ディフェンスもできるFW(byかぺっろ)ヘスキーが、
一人目立つばかりで、まだお休み中って感じ。
ただこのグループ、結構拮抗してきたので、
次も寝てたらヤバイ。寝てるような気もするけど。笑。
あと、ディフェンスがいつか暴発する印象は変わらず。
テリーか。キャラハーか。グレン・ジョンソンか。

|

« 南アフリカ2010 その9 | Main | 南アフリカ2010 その11 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南アフリカ2010 その10:

« 南アフリカ2010 その9 | Main | 南アフリカ2010 その11 »