« ロドチェンコとステバーノワ | Main | 南アフリカ2010 その2 »

2010.06.12

南アフリカ2010 その1

ま、今回は囀り程度で続けられれば。

◆メヒコ 1-1 開催国

開幕日2試合はどちらもドローという、
予想は当たったんだけど、
そのオープニングの順当ドローにしてはハデな試合だった。
南ア、最初はガチガチで、どうなることかと思ったけど。笑。
メヒコはいつも通り。
途中で交替したけど、右SB、
パチューカのアギラルが面白い。
2005年U17杯優勝組の2人とエルナンデスの、
最若手3人はまだまだ。特にヴェラはもっとできるだろ。

◆ウルグアイ 0-0 フランス

ウルグアイのタフな3バックは完全好みだ。笑。
そこに、あの2トップが載ってるわけだから、
クロートなチームだと思う。
カードには左右されると思うけど、上位進出も可能性ありだ。
一方おふらんす。
結果的に、始まってすぐのリベリ→ゴブーが一番の決定機、
だったわけなんだけど、総じてクロスがいいっす。
キックの精度が高いってことか。
一次突破は…どうでしょ? 笑。

|

« ロドチェンコとステバーノワ | Main | 南アフリカ2010 その2 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 南アフリカ2010 その1:

« ロドチェンコとステバーノワ | Main | 南アフリカ2010 その2 »