« 南アフリカ2010 その6 | Main | 南アフリカ2010 その8 »

2010.06.16

南アフリカ2010 その7

◆スロヴァキア 1-1 NZ

NZ。とにかく外から放り込み、
中でがつがつ競り合う、いわゆるキック&ラッシュ!
ダイヤモンド・サッカー時代の、
イングランドでいやマルコム・マクドナルドとか、
スコットランドでいやケニー・ダルグリッシュやら、
ジョー・ジョーダンやらの雄姿がよみがえり、
何だか懐かしすぎて涙が出たわ。笑。
で、そいつを1試合貫徹しないm
てえところがまた意味不明。笑。
と思ってたら、パワープレイで92分10秒から同点弾。
あんなことあるんだねぇ…

スロヴァキアは期待外れすぎ。
1番の台風の目だと思ってたのに。

◆象牙 0-0 葡萄牙

これまでの試合の中でも、
文句なしに最高レヴェルの凄いゲーム。
つか、1次リーグの、しかも初戦なのに、
準決勝のような試合だった。緊張感ありまくり。
これが面白くなきゃ、
何でフットボールを見てるのか不明なぐらい。
特に象牙の前半は凄すぎて鳥肌が立った。
カメルーン旋風から20年。
アフリカはここまできたんだな…

葡萄牙はナニの不在と、
シモン・サブローサの後半投入がちょっと…だったけど、
初戦だからそりゃそうだろうな。
ベンフィカの左SB初めて見たけど、期待大。

◆ブラジウ 2-0 北

エラーノ、ホビーニョとくれば、やっぱりぷらすジエゴで、
黄金のサントス・トリオしてほしかったんだけど、
ドゥンガの絶対呼ばないタイプなのでしょうがねえや。
でもホビーニョはずいぶん調子を戻してたな。
マイコンのシュートはやっぱり唖然。
ジョルジーニョやカフーも打ってたから、
伝統っていっちゃー伝統なんだけどさ。
あんなの入れられないぜふつー。
ま、チームの調子はあんなもんでしょ、最初だから。

(`ε´)は何度もいいポストしてたけど、
打ち役に回れないのはちょっともったいないかな。

ねぶい…

|

« 南アフリカ2010 その6 | Main | 南アフリカ2010 その8 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15384/48646949

Listed below are links to weblogs that reference 南アフリカ2010 その7:

« 南アフリカ2010 その6 | Main | 南アフリカ2010 その8 »