« 2年半ぶりのあそこ | Main | 大黒様 »

2010.08.03

ボローニャの夕暮れ

迫害される父娘の物語、らしく、
最後はおんおん泣かされることを、
予想(期待?)して見てた映画だったけど、
あまりに驚愕のラストに、
思わず口ポカンになってしまった。
「え?これで終わりなの?」

予想を覆されたという意味では、
その内容からしてそんな感じ。
いかにもイタリア~ンな軽めの出だしからは、
とても及びもつかないような、
ヘヴィさ、これでもかこれでもかの内容。
(殺し、メンヘラ、いじめ、母娘のドロドロ、
村八分、戦争、不義、戦犯私刑…って、
昼ドラかよって展開だな。笑)
ひとつひとつのエピソードを、
いったいどこに着地させるのか、
皆目見当もつかず、
これぞまさにジェットコースター・ムービーと、
言ってもいいスリルだった。
それがまた非常に地味な調子で、
むしろ淡々と、重厚に進んで行くのだけど。
淡々と重厚に進むジェットコースター・ムービー。
語意不明。

原題は確か、
「ジョヴァンナの父」とか何とかなはずなので、
まぁいいんだけど、
「ボローニャの夕暮れ」って話ではない。笑。
で、そこがすっごく良かった。

あと、個人的には
壊れた人間の演技を、
できるかできないかが大きいので、
若い女優さんのアルバ・ロルヴァケル。
娘のあやうい不安定さが、
実にうまくにじみ出ていて感心した。
あんな子がいたら絶対そばには近づかない。
だって扱い難し過ぎるもん。

|

« 2年半ぶりのあそこ | Main | 大黒様 »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ボローニャの夕暮れ:

« 2年半ぶりのあそこ | Main | 大黒様 »