« はいなー | Main | 漢文 »

2010.08.18

18才未満入場禁

あんまり書かない方がいいような気もするんだけど、
舞踏家監督さんの長編第2作というのを見る。
監督さんは、団塊世代の1、2年上って年の人なんだけど、
何というか、その作品は非常に相性が合わなかった。
宣伝文句に煽られて期待して行っただけによけいに。

チラシに書かれてたあらすじを簡単にまとめると↓。

仏・南ノルマンディに住む日本人舞踏家のもとへ、
今年も東京から妻と娘のマユがやって来た。
入れ替わるように彼と同棲する愛人はNYへと旅立つ。
4人の関係は至って穏やか、光と緑に包まれた、
“夏の家族”たちの平穏な日々が続く。
ただ、不思議なことは、そうした間にも、
おしゃまで快活なマユの声はすれども、
一度としてその姿を見せないことだ…

ね、結構興味をそそられるのは無理ないでしょ?
…で、期待したんだけど。

まず、俳優は監督さん本人を含め、
プロ?といった感じで、演技はぬいぐるみ的だし、
セリフは棒読みだし、最初、何か意図がある?と、
思ったのだけれど、どうもそういうことではないらしい。
英語や仏語の中途半端な挿入も鬱陶しいし、
こういう白人=世界、みたいな感性は、
世代的にズレてるにしても程がある、
という気分にさせられる。
いや、わざとそうしてるんならいいんだけど、
何かそんな決定的な古さの部分を、
まったく気にも留めてない風で、
そこんところで最初につかえてしまう。

あくびが出そうになるのをガマンして先へ。
唐突に、18才未満お断りのシーンが始まる。

ここ、たぶん見せどころ、
と言ったらちょっと違うかもしれないので、
挑発どころ、ではあると思うんだけど、
愛人役さんのフェラが丁寧だな、と思った程度だった。
つか、こういうのってもう、
「挑発」にはなり得ないよねぇ。
ネットでちょちょっと検索すりゃ、
この手の映像なんて幾らでも見られるのが、
今の現実なんだから。
それでいて上映時には何かと、
問題を引き起こすだろうから、ヘタすりゃ、
上映中止に持ってかれる恐れもあるのは意味がない。
というか、セックス描写はともかく、
このシーンでモロにこだわる意味もわからない。
それでいて、もう少し見たいなと思う、
ダンスのシーンはぶつ切られ状態だったりする。
うーん。
Hなシーンが退屈だなんて、
もしかして自分の方がヤバイのかも。笑。
あと蛇足ながら、劇中人物に「理論を語らせる」のも、
よっぽどの意図でない限り個人的にはノー・グッドっす。

どんなC級作でも、途中で席を立ちたい、なんてことは、
めったにないんだけど、どうにか終盤へ。

“狂気”の表現なんでしょうか?
でもそれだったら、
ライヴァルとなるイカレた「表現」なんていっぱいあるから、
もっともっとここに総力を結集すべきだったのでは?
こちらは見ていて“虚仮威し”という単語が、
脳裏をチラリと…(すんません)。
姿の見えなかった女の子は○○○?
どうどらえたらいいのかと。笑。

まぁ、やっぱり相性が悪かったってことなんだろうけど、
それにしても、これに「衝撃を受けた」とか、
「恐るべき大傑作」とかはないと思う。
大丈夫か?ってレヴェル。
逆に、他人に見せるレヴェルなのか?とすら思ったり。

どうせならウソじゃない「静かな狂気」が見たかった。
監督さん同郷なんだよねぇ。残念。
というか人生いろいろ。←便利な逃げの言葉。笑。

|

« はいなー | Main | 漢文 »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 18才未満入場禁:

« はいなー | Main | 漢文 »