« October 2010 | Main | December 2010 »

2010.11.30

UST終了

途中、抜けたり、
映画を見てたりもしてたけど…。笑。

最後のセット・リストは、

The Weight(The Band)
青空のマリー
ニットキャップマン
花咲く乙女よ穴を掘れ
日曜はダメよ
くれない埠頭
ゲゲゲの女房

つう感じだったかと。覚書。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.29

ちょっとの話

1円玉はもうできるだけ使い切るようにしている。
財布の中にあるのが嫌いなので。

で、今日、
コンビニでいろいろ買い物をしたのだけれど、
財布の中の1円玉数を計算し、
撃滅し尽くすようにわざわざ買い足して、
レジの際、
小銭はちょうどピッタリの額を手に持ち、
白い机にペチペチと。
と、日本人じゃない店員さんに、
「ちょーっとお預かりしまーす」と言われた。

ちょっとお預かりされた後で、
返してくれたらとっても嬉しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.28

20年

18時半よりリーガ。
…だったんだけど19時すぎに行く。笑。

同じチームのHが珍しく一人で来ていて、
ずいぶん久しぶりに一緒に蹴った。
どこがってわけじゃないんだけど、
たぶん息が合うんだろう。
予想外に調子よくて、
クロスに見せかけてGKの逆を取った、
左足でのシュートやら何やら、
自分も何点か決めることができた。
ところでHは今日が誕生日で、
立派なオヤジ年齢の大台に乗ったらしい。
昔深い関係のあった某中古レコード屋の、
バイトに入ってた奴に初めて会った時が、
まだ20そこそこだったはずだから、
もうそれだけの付き合いになってしまった。
この前、マンションを買ったという話を聞いて、
何とも言えない感じがしたんだけど…

リーガはデラが5、チウが1、トルが1、
ウルが0、エセが2、ぐらいだったけど、
新人の若い女性が2人来て盛況?ではあった。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.27

納会

銀座でベイ納会。
トップ・チーム出席は遅刻も含めて7名。
集まれた方かな。
出席してくれた人たちには感謝。
来季も核になってくれるであろう面々だ。
1人裏切り者いるけど。笑。
2次会までで引き上げ。

FC東京さんは、
あの見てくれだけ糞スタジアムをどうにかすべきだな。
米本が何回も足を取られてたけど、
またケガしちまうぞありゃ。
日本にとっちゃ大損失だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.26

歯医者のツメ

実を言うとまだというか、またというか、
歯の右前列に大穴が空き中で、
それでも1日は仕事をサボって、
土台だけは設置してもらったのだけれど、
肝心の被せの工事をにかかってもらうヒマがなく、
本来は今週の月曜夜に予約してたんだけど、
それを飛ばしてしまって以来、
今日行けるかと思ったらとてもそんな状態ではなく、
来週の月曜も今の時点でダメとわかり、
結果1週間以上放置の体たらくになってしまっていて、
途方に暮れている。

途方に暮れながらも今日は、
サッカー雑誌が目の前を行ったり来たりしていて、
「SBって何?」という女性陣が平気で見てたりするのに、
こっちは全然触れず、
イライラすること夥し。苦笑。
SBはコショーだよ、くおらぁ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.25

続いてアジア制覇

いやもう言うことないっすー。
さねとーいいねー、と囀った途端に、
さねとー! 笑。

しかしとてつもなく難しい偉業を、
よく達成したわ。男の子たち。
最優秀選手はもちろん、
鈴木、薗田、比嘉ちゃん、實藤、
そしてホタルの守り組に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.24

ここ何日かの

仕事の相棒@独身主義者が、
クロソウスキーの名前に即反応して笑った。
ふつうなら聞いたこともないだろが。
彼は政治学の出身なんだけど、
聞くと自力でポストモダン?業界を通ってきたらしい。
そっか、サドだのクロソウスキーだのは、
そちらの業界では著名なのか。笑。
で、仕事片手間に、
そんな系統の話ばっか1日じゅうしてしまった。
そんな系統って、
要はエロ話だけど。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.23

心ゆくまで

今年はホントに参加が少なかったので、
(1悪天候2予定重3場所無4アレ)
寒くなってきてあまり気が進まないながらも、
思い切って試合行。

久しぶりに、
心ゆくまで球が蹴れた。
試合は、たぶん、
自分のせいもあって負けたけど。苦笑。

(自分のせいというのは、CK時のマーク見失い。
つかSBはやっぱ難しいわ。一番難しいかも。
それと、左に比べて右の視野確保が、
もしかしたら弱いのかもしれない。
右SBやってる時にそれ系のミスが多い。
今ごろ気づくか、だけど。笑)

チームM。13時~16時すぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.22

アジア制覇

いやいやいや、
どっかのヘタレ野郎チーム見てたかー。
典型的な1-0。
あれこそがフットボールってもんでしょう。
頭を使っての勝負に徹したゲーム。
どっかのヘタレ野郎チームみたいな、
アリバイ・プレーや逃げのプレーをする選手は、
一人もおらず、全員が最後まで闘っていた。
こういうフットボールなら金倍払っても見たい。
どっかの金返せヘタレ野郎チーム、
これを見てなかったら糞でも食らえだ。
重役よ、お前のことだよ。
悔しかったらシュート打ってみやがれ。
CAPマーク巻いてたガタイのいい弱虫と、
口だけサーファーも見てたか?

なでしこに関しては、
姐さんがさすがに輝きを失ってきているものの、
大野や宮間ら海外組の戦闘力が明らかにアップ。
それと近賀の伸びが目覚ましい。
あとマナの相棒・高瀬も闘える賢いFW。
また、あそこから鮫を出せるってのも強みだよね。
ほんと素晴らしいチームですわ。
おめでとうヤマゴー。

おめでとうといえば、
おめでとうピクシー、アゲイン。
いや名古屋はどーでもいいし、
全く関心ないけど。笑。

すんません。
個人的な意見としては、紅はもういいっす。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.21

学校

久しく来ないうちに食堂が新装オープンされていて、
そこで昼メシということになったんだけど、
最初、どうやって注文したらいいかがよくわからなかった。
(プリペイドなカードを買ったり何だりと、
部外者には敷居が高い。苦笑)
女性の友人でやはり今日初めて来てみたという人など、
現金取引できるもの、リンゴとか、しか買わなかったらしい。笑。
自分は鶏料理を食べたんだけど、
ごはん(中)の量がちょっと多かった。

帰宅後は公園で3人球蹴り。
すぐ真っ暗になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.20

よくやった女性陣

宮間、近賀、大野。
どっかのプライドだけは高い重役と違って、
常にボールを、
ゴールに叩き込むことを考えてるもんな。
うまい奴にありがちだけど、
どんなにうまくたって、
シュートを打たねえ奴は、
屁の突っ張りにもなんねえ。
フットボールという競技では。
完全アウェイの中で開催国相手に、
120分よく戦い切った。
いつもながらに女子のメンタルの強さには、
ホント頭が下がるわ。

ところで、どっかの東京のチームだが、
試合後の会見記事を読む限り、
どうも監督が状況をわかってないような感じで、
それじゃあプラン自体がアレなのかもなぁ、と。笑。
大体、「どんな時でも自分たちのサッカーを」とか、
ほざくのが死ぬほど嫌いなんだけど、
(対戦ゲームなんだから、相手との関係で、
いろいろ考えるのは当たり前だろがバーカ)
どの試合は捨ててどの試合は確実に取るか、
元からプランされてないんじゃ、
ハナっから問題外じゃねーの?
まさか「残り全勝で」とかマジで考えてないよな。
とにかく、これでJ1東京チーム不在は決定。
まぁ裏で手回し済んでんだったら、
そんな手回しに乗るような価値ねえんじゃね?苦笑。

あ、それとアジア大会決勝トーナメントその2も、
おめでとございます。ちゃんと見てるんで。
50メートル5秒8のケガが心配ですが…
(小学校ん時、6秒5だったのが個人的にはピーク。笑)
タイは悪くないチームだったと思う。
プランしっかりしてたし。笑。
ブライアン・ロブソン(すげえ代表CAPだったけど)、
ホント言うとちょっと見くびってた。すまん。

あ、もひとつ。ピクシーおめでとう。
名古屋はどーでもいいけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.19

生きてる幸福。苦笑。

昨日の大アウェイ大会、涙、が明けて、
今日は試行錯誤なテスト系の仕事で勝どきへ。
築地から橋渡ったの久方ぶり(2年ぶりぐらい?)、
だったんだけど、ビルの中で知った顔がぞろぞろ、
出てきたのに思わず失笑。わざわざ女優さんも、
懐かしげに挨拶に来てくれたしわたくしごときに。笑。
仕事終了後もしばし街を去り難し。いやここから、
月島にかけては、もう完璧ホームグラウンドだわ。
昨日の大アウェイ大会、涙、を思うと余計に身に染みる。
ホームグラウンドには来週木曜まで来る予定。

ブライアン・ロブソン、すっげー久しぶりに見たわ。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.18

犬の山

牛鍋の
音だけしてゐる
明治かな

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.17

初体験

たぶんこれがBL小説ってもんなんだろう、
ってのを初めて丸々通して読んだ。
仕事だからしょうがない。
ま、主人公はゲイというよりバイだったけど。

つか、最初は全然意識してなかったんだけど、
「扱く」、みたいな読みをさせる専門語が出てきて、
ん? もしかしてエロ? 笑。
「扱く」なんて他には使わねえもんな。

他にもやることはあるんで、
4時間ぐらいで読了。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.16

アジア大会決勝トーナメントその1

まぁ人民共和国が座るはずの席だったわけだから、
至れり尽くせり状態になってんのは当たり前だけど、
それにしても至れり尽くせり過ぎ。苦笑。
1次リーグ3位のインドじゃ相手にならないのは、
わかりきってはいたものの、
練習試合みたいな試合で、コンビネーションを固める、
以外は大して面白味もなかった。
(得点は永井の2点目、山村のヘディングなど、
どれも美しかったけどね。水沼も点取れたし)
そいつが果たして吉と出るのか凶と出るのか。

圧力がかかった時に鈴木-薗田と、
ボランチ陣がどれぐらいできるか、だな。
これまでの相手だと参考にならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.15

昨日は

チームMへの招待試合で、
街中のスポーツセンターで4時間ほど…
というのがあったのだけど、
例の通りの体の都合でちと行けず。
参加できたらそりゃ楽しかったろうなー、
とは思ったけどねぇ。
しょうがないを175回ほど…

そのかわり、
乗ったことのないバスで、
2駅手前まで帰ってきて、
そこから2駅分歩いた。
じみ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.14

ニューオーリンズ・スタイル?

ヘンリク・グレツキさんが、
12日に亡くなった模様。

「弦楽四重奏曲第2番」でも、
聴きながら歩けば良かったんだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.13

朝というより

もう昼近くになって帰ってきたのだけれど、
小学校は長屋の隣りにあって、
中学校はスラムの中にあって、
高校はラブホテル街にあって、
自分の育ちの悪さを改めて痛感させられた。

そういうこと考えさせられたのは、
そこの鶯谷のことだからな。
見慣れたような風景バンザイ。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.12

今日はハッキリ仕事を

サボって歯医者へ。
いろいろとイザコザで歯がガチで折れたため、
とりあえず舌に触れて口内炎を起こしガチな、
ギザギザの裂け目にヤスリをかけてもらい、
ぽっかり空いた空洞には土台を作る…
ところまでやった。
そこへのかぶせは来週頭に予約したんだけど、
その日は歯医者へ行けるだろうか?

歯医者を出てからも、せっかくサボってるのに、
しなければならないことにすらなかなか、
取りかかれないまま、それでも床に体を投げ出して、
昼寝。昨日も一昨日も睡眠が足りてなくて、
この状態で出発したら間違いなくヤバイだろうと、
強引に寝転がったのだけれど1時間ほど、
泥のように寝てしまった。
結果。これといったことは何もできなかったものの、
それでもサボらなければできなかったことはできた。
ギリギリできた。

18時16分、出発。
新しいアフェクシオンと騒音の中に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.11

夜中の

「SELECTION by P-VINE」て番組で、
(Pヴァインの提供だよ。笑)、
1曲目に「Thank you for your love」のPVをやってた。

最初に耳にしてた頃は、
あんましそうは思わなかったけど、
この曲ってもしかして、
「Try a little tenderness」じゃね?
構成が。笑。

もちろんアントニーは、
ロイ・オービソンやデヴィッド・サーカンプ、
少しズレるものの、ま、ネヴィルスのアーロン、
といった系列の声の人で、
間違ってもオーティスじゃあないんだけど、
無防備でポッと見た時にそう思った。

いやー、やっぱ似てね?
1回思ったら、もうそう聴こえるんだけど。笑。
最後なんか、
「ガツガツガツ」のノリだよ。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.10

赤坂にある

トンバリ・バスタード・サロオってゆうんですか?、
TBSって略すらしい糞会社さん、
どうせイケてる人ばっかが溜まってんでしょうから、
とっとと消滅してくんないんすかね。
存在する意味が皆無な以上に、
悪臭たまんないんすけど。苦笑。
ゴミの日にポイっ。

日曜にまとめて放映って、
何がしたいんだろーねー?、社会のクズ民放さんは。
どこもそうだけど。笑。
つこって、2戦目はみんなBSで見ただろうから、
なんだかんだ書かなくてもいいよね。笑。
特別に書くこともないような。

朝は異音で眠りの底からムリヤリ叩き引き上げられ、
昼は一点集中の繰り返し、
夜はたまったオーダーで早く寝られず。
イライラしたらヤバイけど。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.09

謎(棒読)

茗台中の裏門付近から、
電話をかけようとしたら、
うんともすんとも言わないので、
よく見たら絶賛圏外中。
なるほど。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.08

完勝船出

つこって今度はU21=五輪代表世代の、
中国・広州大会2日目に日本が登場。
最初“無問題”と書こうと思ったんだけど、
無問題どころか、完全アウェイにしては、
ほとんど完勝の試合だったんじゃないかと。
解説金田氏も言ってたように、
CB2枚(鈴木・薗田)が予想以上に良く、
そのうちダメ押し点も取った鈴木は、
特にボディ・シェイプが素晴らしく、
今日に限っては頼もしささえ感じられ。笑。
前半の圧力の中で先制し、後半立ち上がりに2点目、
最後ゲームの殺し方も悪くなく、
それにしても香川や米本、ムーといった、
絶対的レギュラーが不在な上に、
小野だの山田だの金井だのがいないメンツで、
上々すぎる結果じゃないでしょうか、って、
まぁまだ1次リーグだけどね。

ちなみに瓦斯の米本だけど、
頭がある分、重役より能力上かもしれない。
復帰第1戦(東京-清水)での、
恐るべきサイド・チェンジを見て確信。
ありゃきっと梶山の上を行くな。
というか、もうA代表呼ばれてもいいぐらいだし。
伸びしろがメチャクチャ高くて、
早めに外に出た方がいいと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.07

忙殺

って、凄い漢字だよな改めて見ると。笑。

さて。体調不良につき、
最初はお休みしようと思ってたチームHの試合。
前日に代表直々のメールが回り、
人数がギリギリとのこと。
代表には世話にもなってるし、
しょうがねえなあってんで、ま、
顔だけ出すことにして、大好きな天然芝のグラウンドへ。
で、実際行ってみると、
足りないどころの騒ぎじゃない。苦笑。
ドタキャンが2名、さらにいつも元気な世話役さんが、
鬼の霍乱の急な発熱でダウンしたらしく、
還暦をトーの昔に通り越した代表を含めても10人!
おいおいだ。苦笑。
さらに任されたポジションは1ボランチ。
つうかフル出場すら考えずに来たのに、
わわわ、わんぼらんちっすか…
10人といったって、
トップに置くしかない代表は数に入れられないから、笑、
実質9人ぢゃん! なんちゅー荒振り。
しかも今日の相手は俊足FWと強力中盤のいるチームだよ。
どーすんだ?

とグチっても時間は経っていくので淡々と試合は始まり、苦笑。
キック・オフの笛とともに、
それこそ右だ左だ走り回らされた(忙殺された)。

とはいえ前半はボランチの位置から、
スルーパスを出しまくって結構有効だったんだけど、
調子に乗って上がりかけたところを、
快速君にバックと1対1の形を作られてしまい失点。
後半は基本バッタリ、苦笑、だったんだけど、
ろうそくの最後の灯火で出した長めのパスが、
攻撃MFに通り、頼れるFWのNさんが、
「鬼の形相で」同点弾を放ってくれた!

そのまま1対1終了。
口も利けないほど死んだ…

結果はあまり良くなく、責任も主に私にありますが、
皆さん、次節は集まってね。心からのお願いです。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.06

関東

社会人大会のお手伝いに朝も早から駒沢行。
というか、各第1試合は10時半からだったんだけど、
1時間半前に集合、さらにその前に、
ウチの監督との打ち合わせも急遽入った、というか、
思い切り組み込まれたんで、笑、
8時には現地入りだ。何という躁的早朝活動!苦笑。

まぁ聞いてた話としては、1部での運営程度の内容とのことで、
こっちもまったく疑いなくそのつもりで行ってたんだけど、
さすが関東リーグへの登竜門な大会、
いきなりスタッフ用のジャージが用意されていて、
全員着替えてくださいと。そいつがまた、
自分がふだん着ている奴より上等。笑。
ただ、サイズがブカブカで、裾を踏んだり危なっかしく、
正直言うと、一気に非活動的になった。笑。

もっとも、本来なら最低でも東京第4代表として、
自チームが参加してたはずの大会、
チーム割り当てで人の試合の記録をしているってのは、
やっぱ複雑な気分だよなー。
そりゃ弁当まで付けてもらったり、
待遇的には1部の運営どころじゃなかったけど、
敗者はつらいわなー、と。
あすとらさんやぷろぐれっそさんも同じだったろう。
最後の最後に5位に落ちたてめえらが悪いんだわな。

その後仕事へ。
いろいろあって深夜1時帰宅。死ぬかも。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.05

案の定

寒くなってきたら、
調子が良くない。
今日は1日じゅう、
胸に違和感。

午後は時間に追われたうえ、
夜は居残り。
結局のところあまり関係が、
ないようにも思えるけれど。

昼飯は一人で結構歩いて、
カレーを食べに行った。
そういえばこのところ、
一人でいることが多い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.04

よくやった16才パート2

最初こそ半島十八番の体力勝負をされたけど、
どっかの上世代の(N+M)チームとは違って、
少しも萎えず、特に後半は戦いのパスが増えていて、
明らかに良かったと思う。もちろん松本のシュートは、
そんなしょっちゅうは飛び出さない凄まじさだったけど、
それ以上に、反発力・復元力の高さにかったのに喜び大。
世界大会でも力を合わせていい経験をしてきて下さい。
その前にまだオージーと3決あるけど。笑。あるのか?

望月のシュート…ああ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.03

Qattaraを買ったら…

昔、好きだった曲をまたすごく聴きたくなり、
とはいえ手元にない。仕方なく頭ン中で反芻してたら、
聴きたいの欲求が上がってだんだんガマンができなくなり、
ネットで検索。なんと1枚まるまるその曲のアルバムがあり、
つまりリミックスがいっぱいあるという、抽象的に言ってたら、
説明しにくい。なので要するにQattaraの「Come with me」、
なのだけど、ポチっと押していざ物が来てバサバサと開封して、
ギュイーンとターンテーブルに乗っけて、うわーこれこれ…
のはずだったのだが、違う。そりゃリミックスだから味付けが、
違うのはそう。でも違う。1曲が5パターンも入ってたのに、
5曲とも違った。聴きたかった曲じゃない。
ヴォーカル・ミックスでもヴォーカル・エディットでもなく、
期待のPaul van Dykミックスでもなくて、さすがにこれだろと、
思ってたピュア・ミックスですらなく、ショック、仕方なく、
詳しい人に、くくくと電話。もちろんうまく説明できないものの、
何とか察してくれたところでは、自分の聴きたいのは、
Qattaraミックスとのこと。後日、貸して聞かせてもらったら、
うわーこれこれ…。要は冒頭部にメインのメロが出てくるか、
来ないかで、曲の表情の変幻度が信じられないほど違う、
のだった。もちろん冒頭部分にメインのメロが出てこない方が、
魅力3割7部増し。やっぱり自分たちの曲の旨さはどこに、
あるのか自分たちが一番よく知ってるってことか。Qattaraは、
Qattaraミックスじゃなきゃだめ。ま、そうじゃないことも多いけど。
でもふだんはどんなミックスでもあまり気にしてないのに、
それぞれに楽しんでるのに、だめなものはだめ、な時があるのが、
不思議だと。タイトルはおやじまるだし。不思議だ、じゃねえよ。

とか書きつつ今日はnEssUnoさんに送ってもらった8ギガに酔う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.02

地雷

昨日、実は踏んでたことが判明。

まぁ、最低限のリスク管理は、
それでもしてるつもりだったからいいんだけど、
やられた、というよりは、
うーん、ちょうどレザーフェイスの家へ、
水をもらいに行ってしまった不気味さがあって、
頭にくるというより胃にくる感じ。
そう、相手はレザーフェイス一家っぽい。
何とも言えずヤーな気分。
いっそ落とし物は捨てて逃げた方がいい?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2010.11.01

よくやった16才

決勝トーナメント、イラク戦。
さすがに敵は強かったけれど、
3点も取れれば、な。
リードしてからの繋ぎも、
U19よりはるかに落ち着いてたし。
(まぁ63分や67分の決定機を、
キチッと決めてりゃ楽勝だったんだけど)

それにしてもエース、
桜軍のみさみーそ君(は15才)。笑。
1点目はありゃ何だ?驚。
(3点目の堀米とのワンツー抜け出しも、
びゅーてぃほー!だったけど)
確かにその絶対感は、
柿谷があの年だった頃を彷彿とさせるな。
いやー、頼むから、天才のマネはしないよう、
これからも日々是努力を怠らないでね。笑。

つか、次また半島みたいだけど。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »