« 再会 | Main | 歯医者ようやく »

2010.12.02

ゲゲゲ

で思い出したけど、
「ゲゲゲの女房」。

TVドラマを見た人なら、
映画とTVの目指しているものの違いが、
たちどころに理解できる作りになっていて、
主要エピソードが同じように入っている中で、
映像表現の勉強には実に格好の作品だと思、
いながら見ていた。

ただ、あえてそういう時間帯に行ったわけだけど、
お客さんが非常に多くなくて、
TVドラマ放映時のあの熱気はどこへ?、
という感じだった。
古本屋の親父も結構役にはまってるのに。笑。

あと、恐らくわざと、
今の状態の都内の建物を堂々と映してるけど、
個人的にはやっぱり、
「あんな高層建築(当時は)ないし」、
「あんなマンションみたいなもんもねえよ」、
といちいち違和感が高かった。
都合3シーンぐらいだったと思うけど、
特に必要なシーンでもなかったので。
何の意味のわざと?

げげ、げっげっげ、げげ、げっげっげ。
歌は頭ン中回るよ。笑。

|

« 再会 | Main | 歯医者ようやく »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15384/50211984

Listed below are links to weblogs that reference ゲゲゲ:

« 再会 | Main | 歯医者ようやく »