« March 2011 | Main | May 2011 »

2011.04.30

ベロ出し

てめえこのタコと言ったなタコと。
莫迦と言われんのは構わないけどタコは許せねえ。
すみませんでしたー、ごめんなさいよー。
てめえハナッから謝る気ねえなこの野郎。ぶっ倒すぞこら。
うわ、赤いの手に付いたじゃねえか。
てめえまたタコと言ったなタコと。(最初に戻)

Bero

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.29

かいひんふたたび

今日はMコーチと2人。
車でびゅーっとの予定だったものの、
そういや今日からG.W.?な様子に気づき、
寸前で回避。たぶん判断正解だったかと。
世間非密着型は難しい。苦笑。
といいながら今日も重役出勤のわたくし。
この前のルートは飽きたんで、
東西線で行ってみた、ら重役出勤になった。

こないだは気づかなかった別の液状化跡。

Makuhari30

Makuhari31

アップ風景。

Makuhari32

Makuhari33

ゲームについてはかなり詳しくウラに書いたんで、
もういいけど、笑、
前半はホントにパーフェクトだった。
言い過ぎか。笑。

Makuhari34

Makuhari35

Makuhari36

実は、今日は初めてベスト・メンバーでいけるかと、
楽しみにしてたんだけど、とある理由によって、
主力がひとり欠けてた。
そりゃ、奴がいればもしかして、とは思うものの、
それもチーム力。
最終戦、そこでも伸びれば本物。
今大会、出た意味は物凄く大きくなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.28

たかが

いや、自分に関係のないダービーを見るのは、
やれやれーかっこ棒読み、てなもんで、
楽しくてしょうがないのだけど、
ヨソさまの試合を見るために、
4時前から起きてる、てのは、
その後の1日が長すぎてやっぱツラい。
身体的にもいっぱいいっぱいになる。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.27

こたえる

広い方の事務所で、
1人で仕事してて疲れたなーと思ったら、
タイミング良く声をかけてくれたり、
自分の帰りがけに菓子のおすそ分けと称して、
一息つくような流れに、
さりげなく持っていってくれたり、
とにかくそういう気の利く女性がいて、
ところがここ2週間ほど、
彼女の姿を見ないなぁと、
いやこっちも、
しばらく足を運んでない時期があって、
見かけないのは単なるすれ違いかとも、
思っていたのだけど、
やっぱり、姿が見えないのは確かだと感じて、
彼女同様もう1人だけ以前から知っている、
彼女とも仲のいい女性に聞きに行ったら、

それは知らなかったのだけれど、
彼女は何でも福島の出身だそうで、
あれ以来、事務所に、
出てこなく(出てこられなく?)なり、
もちろん友人たちには連絡もあったのだけれど、
とにかくそのまま辞めてしまったとのこと。
詳細は訊ねなかったが地元に戻ったらしい。

そういうことは、こたえる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.26

旧・本蓼川多目的広場

日付があっちこっち前後してんだけど、苦笑、
ベイ・ユース第2戦の日曜な話。
会場は綾瀬スポーツ公園で、
実は行ったことあったんだけど、

Ayase14

前ん時は確か本蓼川多目的広場って名前だったような。
でも、本当は稲荷山運動公園多目的広場が正解らしい。
てか、どれなんだよ!
…というトラップが仕掛けられてたため、
不覚にも7時半とかの全体集合に遅刻してしまった。うそ。
えと、遅刻したのはうそじゃねーな。すまん。
いや、あのグラウンド、どっから入れるかわからなくて、
うろうろしちゃったんだな、1時間も。のわけないか。

Ayase11

Ayase02_2

ともかく9時キックオフ!

Ayase06

Ayase10

1.立ち上がり6分18分とウルトラ決定機があったのを、
外してると流れが相手に行くのはしょうがない。
ま、FWはいつもの2枚じゃなかったからそれは想定内。

2.敵の流れになったところで、
戻りオフサイド。それが失点につながる。

3.後半、やはり立ち上がりはいい流れ。
2分、7分とチャンス。特に7分はどフリー。決め切れず。

4.1点取ればわからないところを、
交替で入れた最上級生が意味のまるでないイエローもらい。
そのセットプレーからまたも見事に失点。

5.ここまで頑張ってきたDF切れる。

まぁ負けるわけのない、しかも、
相当にちゃらいパス・サッカーもどきの相手だっただけに、
0-4なんざそれはそれは悔しかったろうけど、
何がまずかったか、これ以上ないほどティピカル。
Tコーチの話は身に沁みたかな?

次は今日なんかより強敵だけど、
立ち直れるかい。頑張れ。笑。

Ayase12

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.25

食事会

夕方、正確に言うと、昨日の夕方からは、
自分ともう一人のほかは全て女性、という食事会へ。
同窓会とかほとんど経験したことがなく、
いやまあ仮に呼ばれてもたぶん出やしないんだろうけど、
そういう意味ではとっても興味深かった、し、
珍しがってももらえたとは思う。
彼女たちは昼過ぎから酒も入ってたので、2名沈没。
帰りに雨が落ちてきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.24

お金持ち

環状道路と私鉄との交差点に面する、
フェンスで囲まれた小さい運動場の前に、
ママチャリを止めて、環状道路に向き合う形で、
ケイタイの画面にじっと見入ってたら、
自分の斜め左後ろ、フェンスをはさんで奥側の、
環状道路と垂直に交わる道に、
パトが停まったのが何となく目の端に映った。
それっきり、別に気にもしてなかったのだけど、
しばらくしてふと顔を上げたら、
気配がして、白黒の車がまだ先の所から、
動いてないのがわかった。
時刻は午後3時前。フェンス内で何人か、
ミニ・サッカーをしている子供以外、
あたりには誰もいない。
もしかしてシキテン(見張り)されてる?
ピンときて、試しにパトの死角まで、
こっそりチャリを動かしてみたら、
明らかにパトの位置が、少しだけ前に動いた。
間違いないね。笑。
まぁ、すぐに職質してくるわけでもなく、
こっちも特に何か持ってるわけじゃないので、
とりあえずそのまま放っといたんだけど、
難癖はいくらでもつけられるんで怖いよね。
受け答えのシミュレーションだけは若干。笑。

結局、待ち合わせの人間が来て、
その人に教えてあげようと、わざと一緒に信号を渡ったら、
信号を渡りきって人の波が過ぎ、
いざ教えようとした時にパトの姿は影も形もなかった。
渡ってる一瞬に、バックでもしたのだろうか?

それにしてもヒマでいいなーシュトのお金持ち警察は。
被災地では毎日汗水垂らして働いてるおまわりさんや、
あの日、ひとりでも多くの人の役に立とうとして、
殉職されたおまわりさんまでいるのに。
やっぱお金持ちっていいね!
人的コストも考えずに、
疑わしきの防衛に気持ちよくつぎ込めるから安心だよね!
シュトの金幅警察、うらやましーかぎりです。
同情すんなら金よこせ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.23

密命

特別な用足しで品川行。

会談自体は1時間ほどで終了。
自分の出席に直接的な意味は、
たぶんなかったかもしれないが。

帰り、すっかり無沙汰してしまってるので、
ドームに寄ろうか相当に迷ったんだけど、
仕事が残ってるんで帰った。
その断は結果的に吉だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.22

悲しみのミルク

3時前に仕事が終わってしまったので、
渋谷に出てまた映画。

あそこにじゃがいもを入れている美人さんの話。

…じゃないけど。
でもそうだけど。

で、あそこは生あったかいから、
そのうち芽が出てきてしまうので、
時々、股を開いて自分で切らなきゃならない。

というか、いわゆる粗筋は書くつもりないけど。

まぁ、文脈がわからないところも多くて、
わからないままに見てるしかない作品。
喩えて言うならパラジャーノフの映画かなぁ。
そりゃあそこまで飛んではいないけど。

恐乳病のトーンで最後まで行ってくれた方が、
良かったかなぁ。

監督はクラウディア・リョサ。
名字でわかるかもしれないけど、
マリオ・バルガス・リョサの姪っ子。
だからといって、
マジック・リアリズムがどうのこうのと、
簡単に使うのもどうなのかと。

美人さんは結婚式の裏方さんでも働いていて、
いろいろな式や、
カップルの姿が見られるのは面白かった。
それがメスティーソやインディヘナで、
あればあるほど。

一方、白人種はもちろんヒール。
当然ちゃー当然なんでしょうがないけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.21

幻視系

陽炎に
明日の崩落
映りをり

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.20

今日の1日

威勢良く晴れたんで、
日雇いには行かず、
公園を3周ほど走ってきてから、
1本映画を見て、
家で内職。

夜中に夕メシ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.19

唐突に、
あんまり見てるわけでもないTVの話なんだけど、
ソフトバンクのあのCM(シリーズ)って、
どう受け止められてるのだろうか?

個人的には、
最初に目にするようになった時から、
いかにもしたり顔的な押しつけナンセンスのひとりよがり感に、
うっぷと来てたんだけど、
先日、制作者を調べなければいけないハメ?になって、
ウィキペディア、笑、を見て、
ああなるほどと。

わかる人にはわかるだろうけど、
東大は除くにしても、
その来歴がことごとく性に合わない人だったんですね。苦笑。
知り合いにいたら絶対近づかないような。
まあお互いさまだろうけど。

しかしああいう“笑い”?を、
面白いという人は全く理解できないので、どうぞよろしく。
三谷幸喜の映画に同じ。

え?なぜ今ごろになってそんなことを書くかって?
いやー。今だからですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.18

ハイル

しかし政権党も相当にクソだけど、
野党がまたそれに輪をかけてウンコだからなぁ、
…とかブーたれてる間に、
行動力のある「英雄」が現れて、
多くの人々の賞賛の中で、
巨大化していく…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.17

かいひん

幕張の駅には初めて降りたと思う。
いや、来たこともあるとは思うけど、
電車じゃなくて車だったような…
事務所が半蔵門にあった時代のボスが、
毎日、稲毛海岸から通ってたんだけど、
こっからまだ先じゃねえか!
つか、
その大変さが初めてわかりましたよ。
ノリさん。今ごろだけど。

Kaihin

液状化の災禍も、初めて見た。

Ekijoka1

Ekijoka2

んで、駅から会場のこちらまでが、
またすっごい歩いたんだけど、

Makuhari09

運動をするには、
たぶん言うことなしの環境なんだとは思った。
広い!
大井埠頭並み。笑。

試合はまあ、大体はウラに書いた通りなんだけど、
実はそんなには差はないんだよね。
ただ、そこで勝てるか勝てないかの、
差も小さくないんだとは思う。
例えば向こうのCB2枚は、
なかなかに不安定だったんだけど、
そこを突くことができなければ、
こっちが突かれちまうわけで。
コーチMは、
「どうして、ああいう入り方になっちゃうんだろうなー」と、
嘆いていたけど、
やっぱチームとしての経験を積んでいくには、
時間がかかるんだろう。
決してこのチームだけじゃない経験値のことだ。
ジュニアだって、ジュニアユースだって、
最初はぜんぜん勝てなくて評判だったし。笑。

要は1-3、もしくは勝てるぐらいの試合が、
0-5になってるわけだから、
まずはそういうとっからだな。
じっくりじっくり。

Makuhari10_2

Makuhari11_2

Makuhari12

Makuhari13

Makuhari14

Makuhari15

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.16

さかむけ

11時からやっていた、とある集まりに、
16時ごろから参加。
参加したらすぐスタジオに移動。

珍しく同じような業種の、
世代は上の方が両横に座って、
(あまりそういうことはない)
話をさせていただいたんだけど、
いつの間にか若手のエディターさんの、
惨状大ボヤキ大会に。苦笑。
もちろん代理店に対するもろもろと。
やっぱフツーの現場の人は、
みーんなそう思ってんだよね。
原発と同じっすね。

あとそれとは別の場面で、
ふと言われたことにちょっとイラッと。
こうなってるのは理由があるんだけど、
何も知らないでそう言われても。
まあ、伝えてないのも悪いんだけど、
興味だってさほどないとは思うんで。

D練に行けば良かったかも。
もう誰から敵視されても構やしないんで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.15

役者に首ったけ!

たばこと塩の博物館に行って、
芝居絵や役者絵をの企画展を見てきた。
豊国が主だったけど、
おもちゃ絵の類も滅茶苦茶面白かった。
ま、ここは何というか、
今が旬の、電力館みてえなとこだな。要するに。
違うか。

時間があったので、いつもは見てなかった,
塩や煙草の階も回ったんだけど、
煙草の階で、1978年当時の渋谷のたばこ屋さん、
てのの復元セットがあって、
その店先にそれはもう懐かしい銘柄の、
煙草が並んでいて、「それくんない?一箱」と、
思わず買いたくなってしまった。
吸わないんだけど。

Tabakoya

写真撮って良かったんなら、今度撮ってくる。
いつ行くかわかんないけど今度。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.14

入ってない…

ホーム先制点の再現を真面目に期待して見始めたのだけれど、
来たのがやっと後半アタマじゃそのあとはもうどうにもこうにも。

5時に寝直すべきだったかも。朝からもう死にそうに瞼が重い。

ナガトモっていうと、キヴっていう。キヴが出ても、退場っていわれる。もう出さないだろ、って思っても、結局はキヴが出る。それで、心配だなって思って、「気をつけて」って思っても、退場だよっていわれる。ミラノ・ダービーでしょうか?いいえ、CLでも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.13

会見

トーデンの雛壇に並んでいる“俺のせいかよ”君達の、
誰か1人でもどこか遠い所へ行くことになれば、
話が劇的に進むようになるのになあ…
とか何とか考えながら見てゐたり。
莫迦の考え休むに似たり。

まあ、こちとら、
暴力装置所有のケンリョク者じゃないしなぁ…

そりゃ今断行されたら、
絵柄がわかりやすすぎるけど、
そこまで気のつくセーフでもなさそうだし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.12

「がんばろう

日本」って…。
他者から言われるような言葉でなし、
(そうだとしたら「がんばれ」だよな)
じゃあ自分たちが自分たちに向けて言うのか…。
少なくとも頑張ってる人間は、
わざわざてめえにそんなこと言わねえし、
頑張りようがない者は、
そんなことは口にすらすまい。
やっすいよね。
平気で使われるのがよくわからない言葉。
まあ「一億総玉砕」と同じ類のスローガンなんだろうけど、
それを発する側は、
俺のようにぜーんぜん頑張ってないね。
一億総玉砕するつもりがないのと同じ。
だから俺は「がんばろう」なんて、
口が裂けても言わないけど。

…なんてすぐぶつかるので、
すっかり忘れられている存在のところへ、
今日の昼ごろ、電話があった。
いつも、なぜだか、
そんなタイミングで電話をくれる奴なんだけど、
で、それはたまたまなんだろうけど、
うれしかったなぁ。
「具合、どうですか?」と聞かれた。
そういえば、
外部と連絡が取れなくなった去年のあの時、
意外に、行方を探してくれてたのも奴だった。
ふだんはわがままで、
相手のことなど気遣いなどしないんだけど。
タイミングがいい。
あの時もうれしかったな。
だもんで、電話では、
あいつが大切にしている、
ばあちゃんのことに話を振った。
体調が悪くしばらく入院して、
奴も看病に詰めてたのは前に聞いていた。
何とか退院になったらしい。
よかったよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.11

今回のコトで、
いろんな人の地、というか、
本性というか本分というか生の部分というか、
とにかくそういうものが、
見えてしまった人もいることだろうけど、
思うに、それって、
実は今回のコトが起こるまでにも、
見えてたんじゃなかろうか。
例えば功利的とか情とか何らかの理由で、
自分自身、気づいてないことにしてただけで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.10

急逗子

Zushi20101

Zushi20102

Zushi20103

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.09

シュレッド

5000円ぐらいのシュレッダーを買った。
特に意味はない。
かつて紙ゴミは焼却炉とか庭とかで燃やしてた。
シュレッドと比べても、
断然燃やす方が好きだ。
でも放火に間違えられないかとかダイオキシンとかな、
問題があって、
ここ20年ほどガマンをして、
その貯めたガマンでシュレッダーを買った。
と書いて、
ガマンを効率よく貯めるのは難しいんだと悟った。
悟りを開いたと言っていいかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.08

公園夜メシ

早くも年恒例化しつつある、公園夜メシ。
文字通り、暗い公園に行ってゴザ敷いて、
夜メシを食う、つだけのことである。
むろん、それの何が面白いんだ、つ向きも、
おありになろうかと思われるが、
ふだんといくらか気分が変わる、と、
いうか、暗い中で地べたに座ってメシ、は、
そう悪いもんではない、ような気がするのは、
乞食系の素養があるからなのだろうか。
日本じゃ乞食しちゃ捕まるみたいだけど。

Koenmeshi2

Koenmeshi3

Koenmeshi1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.07

2年後

2年前には、
また同じようにこの場所に来るなんて、
思ってもみなかったけど。

2nengo

まぁ今回は、
半日じゃなくて、
1日サボってるけど。

区切りだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.06

ピクトリアリズム

…で、
いまだ戦時下には変わりないんで、
シャビ行ってきた。
いや、
バルセロナなシャビじゃなくて、
トーキョーなシャビ。恵比寿の。

ピクトリアリズムというのは、
絵画主義だそうで、
写真は昔から芸術するために、
タイヘンだったんだなあ、棒読、
てな印象だったけど、
でも、そいつか見たかったわけでもあり、
実際、
田村榮のカミさんシリーズだの、
資生堂社長弟のイスだの、
見たかったものは、
そこそこ見られた。

中でも、
とぼけたゴーマニスト(←勝手に命名)、
小関庄太郎の「写真?」は、
「古風な街」や「一人歩む」、
「働き男」などが見られて、
かなり満足した。

小関は福島の人。
口先のプロなんかより、
はるかに面白い「アマチュア」だ。
大体、美術系のプロとかアマチュアとかって何?

恵比寿は根城にしてた頃に比べて、
もちろんすっかり様変わりしてんだけど、
地形は全然変わらないから、
昔の街のイメージが、
目前に鮮やかに現出してくるのに驚く。
特に、事務所のあった恵比寿南の、
線路沿い界隈。
テアトルエコーがあって米屋があって…
まあ、久しぶりだからだろうけど。

しばらく坂を行ったり来たりした。
お世話になった石川さんの店ピガピガ、
地獄ラーメン、とんかつびっくり…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.05

正直

そろそろ、
干上がってきてるんすけど。
仕事関係なんかも…

夜は両親の処遇について、
本郷の宮本で鮪つみれ鍋を食いながら、
家族会議。まだ夜は冷えるんで、
鍋の後に雑炊もしてうまかった、
って話じゃねえな。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.04

昨日の悪夢

実は昨日は15時から、
別のチーム練にも誘われていて、
半分行く気になっていたのだけれど、
昼メシ後に朝起きの反動でうとうとしながら、
スカパーでやってるJ関係の練習試合を見ていたら、
突然、

太股の、両内側が、
激烈に攣って、
そんなところが攣るのは初めてだった以上に、
痛くてたまらずパニックになって、
というか、腓返りの足の伸ばし方しか知らないし、
それを考える余裕もないほど、
両足同時に責め立てられ、
死ぬかと思った。

単に寒かっただけならいいんだけど、
もちろん練習行きは中止。
うーん、昨今の走り込み不足?のせいなんだろうか。
しかし両腿の内側が攣るのは、
ほんとパニくるよ。いやマジで。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.03

3時半起き

して、
まぁ、
いろいろあってから、
7時半ごろ、
家を出て、
チームMの、
朝練に行った。
そりゃ、
夜練のわけないです。

いずれにしろ、
そんなに人来ない、
だろうから、
グラウンド半分で、
6-6ってとこかな?、
と着いたら、
3チームにして、
回してた。
どんだけ、
バカばっかなんだ、
と、久しぶりに、
思った。

体が重くて、
FW時は、
足が縺れて、
転んだりも。
酷い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.02

火の玉ボーイズ&ガールズ

まあ、あんましそんな感じにはならないんだけど、
ちょっと“居ても立っても”という感じになって、
渋谷行。Kを連れてって、アップリンクへいく道の、
ヴェローチェでしばらく待機したりもしたんだけど、
とりあえず奴は初百軒店だったんじゃないかと。
ふだん田舎に住んでるんで。

確かに「怪我や体調の関係で、
どうしても椅子が必要な場合には」とあって、
でもさすがにそこまでじゃないと思い、
いつものように時間に頓着せず、だったんだけど
あんなに椅子が出てんなら、もっと早く入れば良かったか、
とちいとばかしビックリしたり。

右っ方の壁に寄っかかりながらフォスターの「夢見る人」。
ジョン・レノンかロイ・オービソンかよと思ったけど、
後でフォスターを調べてみたら、
その2人にも負けず劣らず辛い最期の名曲だったのね。
あと個人的には、すぐ後の、
「One Way To The Heaven」が前半のハイライト。

で、びーとにくすあったり、
じぎー時代なろっくんろーるの自殺者あったり、
もう定番のざ・うえいとがかぶったり、
あおぞらなまりーじゃなくてトランペットの方をぱっぱらしたり、
ついでにがかんとりょーめいで精神異常者したり、
むすんでひらいてみんなで手を打ったり、
いろいろしたんだけど、記憶がいつも曖昧。ぼけ?

久しぶりに見たデペイズマンA児先生もあんま変わってなくて、
やっぱぼけ?と自ら危惧する後半だったけど、
特にタンゴなのにすみれ団の頃を幻視しちゃったのは、
やばいのか俺?
百軒店入る前にもやまはの輸入盤の箱幻視してたし。
精神異常といやエピタフのはそこで入手した、ような。
じぎー・すたーだすともそうだったな、ような。
もしもあなたが~らいおんめりーかお前は。

中原中也なあとのフルメンは、あれ、まだだったっけか、
心の底から笑える日まで、夢が見れる機械がほしい、
あ、ここか、で、みんな出てきてオーサム町、
それから、やーやーややーややーとか。
酔いつぶれてた?

夕メシは食べてるヒマがなくて、
10時に終身。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.04.01

ボストン

といっても「モア・ザン・フィーリング」じゃなくて、
当地美術館の浮世絵コレクションは夙に有名で、
それがドバッと初の里帰りということなら、
それは見とかなきゃなんないんだけど、
この戦時下やはりいつ見られなくなるかも、
保証の限りじゃないんで空き時間ができるや否や、
代官山からポコポコ歩いて見に行った。

いやー、噂に違わず、
保存状態のクソ良さには目を見はった。
色の鮮明度がホント信じられないほど。
さらには歌麿の「忠臣蔵 七段目」みたいに、
本摺のみならず、
校合摺まで保存されているものもあって呆然。
さすがあアメ公。日本に置かれたままだったら、
あそこまでいい状態で残っていたか、はもちろん、
後世に伝わってたかすらアヤシイ…
なんて考えんのも複雑なものがあるんだけどねえ。

ともあれ、清長と写楽はかなり満喫したし、
歌麿では正面摺の良物や、個人的に好きな、
難波屋おきた物、後に暁斎が、
所有してたという加藤清正等の肖像物なんかもあってね…

想像してたほど混んでなかったのも、
ラッキーだったような。
まー平日の夕方だけど。

Boston

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2011 | Main | May 2011 »