« 幻視系 | Main | 密命 »

2011.04.22

悲しみのミルク

3時前に仕事が終わってしまったので、
渋谷に出てまた映画。

あそこにじゃがいもを入れている美人さんの話。

…じゃないけど。
でもそうだけど。

で、あそこは生あったかいから、
そのうち芽が出てきてしまうので、
時々、股を開いて自分で切らなきゃならない。

というか、いわゆる粗筋は書くつもりないけど。

まぁ、文脈がわからないところも多くて、
わからないままに見てるしかない作品。
喩えて言うならパラジャーノフの映画かなぁ。
そりゃあそこまで飛んではいないけど。

恐乳病のトーンで最後まで行ってくれた方が、
良かったかなぁ。

監督はクラウディア・リョサ。
名字でわかるかもしれないけど、
マリオ・バルガス・リョサの姪っ子。
だからといって、
マジック・リアリズムがどうのこうのと、
簡単に使うのもどうなのかと。

美人さんは結婚式の裏方さんでも働いていて、
いろいろな式や、
カップルの姿が見られるのは面白かった。
それがメスティーソやインディヘナで、
あればあるほど。

一方、白人種はもちろんヒール。
当然ちゃー当然なんでしょうがないけどね。

|

« 幻視系 | Main | 密命 »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 悲しみのミルク:

« 幻視系 | Main | 密命 »