« 正直 | Main | 2年後 »

2011.04.06

ピクトリアリズム

…で、
いまだ戦時下には変わりないんで、
シャビ行ってきた。
いや、
バルセロナなシャビじゃなくて、
トーキョーなシャビ。恵比寿の。

ピクトリアリズムというのは、
絵画主義だそうで、
写真は昔から芸術するために、
タイヘンだったんだなあ、棒読、
てな印象だったけど、
でも、そいつか見たかったわけでもあり、
実際、
田村榮のカミさんシリーズだの、
資生堂社長弟のイスだの、
見たかったものは、
そこそこ見られた。

中でも、
とぼけたゴーマニスト(←勝手に命名)、
小関庄太郎の「写真?」は、
「古風な街」や「一人歩む」、
「働き男」などが見られて、
かなり満足した。

小関は福島の人。
口先のプロなんかより、
はるかに面白い「アマチュア」だ。
大体、美術系のプロとかアマチュアとかって何?

恵比寿は根城にしてた頃に比べて、
もちろんすっかり様変わりしてんだけど、
地形は全然変わらないから、
昔の街のイメージが、
目前に鮮やかに現出してくるのに驚く。
特に、事務所のあった恵比寿南の、
線路沿い界隈。
テアトルエコーがあって米屋があって…
まあ、久しぶりだからだろうけど。

しばらく坂を行ったり来たりした。
お世話になった石川さんの店ピガピガ、
地獄ラーメン、とんかつびっくり…

|

« 正直 | Main | 2年後 »

Art」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ピクトリアリズム:

« 正直 | Main | 2年後 »