« April 2011 | Main | June 2011 »

2011.05.31

Go!犀

ゴサイというとふつう「後妻」の漢字をイメージする感じだと思うが違うのである。違うのであると言い切られても困るのであるが。
さて中華料理屋やフランス料理屋いや別にその他の何とか国料理屋でも出てくるのだろうが恥を忍ぶと中華料理屋以外はあまりおなじみでないため正直よく知らないのだがメイン料理の前にはたいがい前菜というものが出てくる。
と書いた時点で敏感な方はもうお気づきであろうが要するに前菜があるのなら後菜があってもいいじゃないかふつう「後菜」と書くと「こうさい」と読むべきだろうがと言われるとそれはそれこれはこれだがごさいと読んだっていいじゃないかグラスの底に顔があったっていいじゃないか。
ということで私は晴れて今日は「後菜の日である」ことをここに宣言するものである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.30

体調悪

口内炎だの腫れだので、
食事が取れなくなり、
昨日からバファリンは飲み始めてたんだけど、
その間の時間がだんだんひどくなって、
偏頭痛が増したりついに、
ガマンし切れないほどになってきたので、
仕事休んで医者行って公園プラプラして、
後は何もしたくなくなってぼーっ。
熱があったりしたらとっとと寝るんだけど、
ないんでさすがに。

「日本の悪霊」とかしょうがないんで見た。
出だしの「「ラブゼネレーション」は、
やっぱインパクト強くて面白い曲だよなーだったけど、
フォークの神様はよくわかんないんで、
後はぼーっ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.29

CL決勝

たまたま朝早く目が覚めたので、
TVをつけたらやってた。

まぁ、どこをポイントにするか、もあるだろうけど、
MVPは文句なく、
ピケかブスケツでしょうね。どっちか。
あとの人はあのくらいはデフォでしょ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.28

しばらく

球を蹴ってなかったんだが、
生憎の週末台風。泣。
雨は昨晩から降り出し、
河川敷は早々にアウトの勧告が回り、
チームKも試合中止のお触れ有り。
で、午後からチームMが珍しく、
4時間ほどグラウンドを押さえてあり、
たっぷり蹴れるなと楽しみにはしてたんだけど、
朝からざあざあ降ってて、
こりゃやっぱりないな、と。
で、別の予定に切り替えて、
あちこち手配を済ませたんだけど、
ん、待てよ。
と今(2時)ふと思った。
練習は2時からだったんだけど、
そういや中止のメールが回ってない…
中止の時は中止のメールを必ず回すから、
てことは、この雨ン中、
もしかしてやる気まんまんなのか!

(そういえば、チームHの初戦に、
先週行ったことを忘れてた。
しばらく蹴ってないなんてうそ。苦笑。
でも0-4で大敗したから、
都合の悪いことはきっと自動的に、
データ削除してるよーな。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.27

寅の地球の歩き方

Tora

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.26

カミキリ

かみを切る
行列にゐる
青時雨

Aoshigure

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.25

川を離れる

朝たまーに日本鉄道に乗ると、って、20代半ばまでは、
しょっちゅう、だったから、朝たまーに、なんてことは、
なかったのだけれど、朝たまーに日本鉄道に乗ると、
雨の合間でも、やっぱり気が晴れる気がするまあ、
単に騙されてる、だけなのではあるけれど。雰囲気の、
悪いところにハリツケられて、たから、騙されてるだけでも、
気が晴れるあそこは場所は最高なのに。たまの日本鉄道。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.24

どうにもこうにも

間に合わなくなってきて家で仕事をしてたら、
CapよりTel。
いつも結構あけすけな話をしてんだけど、
現状についての実りある情報交換ができて、
満足。
仕事の方はまあしょうがないか。
じゃねえよ。

もっともそうはいっても、
進むも地獄、放置も地獄、
でも選択肢はない、って結論だったんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.23

弱体

昼時。といっても2時近く。
目の前を歩いていた、小学校1、2年かな、
制服の女の子が道の段差に蹴つまずいて、
派手に転んだんだよ。
すぐ助け起こしに走ろうか、かなり迷ったんだけど、
どうにか泣き出さずに自分の力で立ち上がったんで、
ガマンしてそのままにしてた。
…と、その女の子、そこから小走りに走り出した。
やっぱ痛かったんだろう。
とはいえそこまで歯を食いしばったから、
泣くのは家に着くまで頑張ろう、でも声が出ちゃいそう…
少しずつ距離が開いていく、
その小さな後ろ姿をじっと見送っていたら、
ちょっとやられてしまった。
昨日も小さい子の団体でのチア・ガール踊りを眺めてたら、
別に何がどうってわけでもないのに、
唐突にウルウルっときたし。
何か、弱ってんのかもしれない。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.22

2度目のヨーワ

つーか、さすがにえりーとくんでずっと来てると、
しつけがなってない、というか、苦笑、
年輩者に対する敬意がない、というか、
例えばこっちの1部初年度とかに当たっていれば、
けちょんけちょんにしてたのになー。
商事さんや青梅さん、また元佐川Cや東京23みたいな、
ある意味長い付き合いになっている強豪勢とは、
そこが大きく違って、
単なる、ずっとえりーとといっても、だから、
真のえりーとにはなれなかったんでしょ?くんたち、というか。苦笑。
…なんてまぁどんな減らず口を叩こうと、
勝負事は負けりゃあ負け惜しみにしかなんないんだが。苦笑。

ということで、いろいろあってギリギリ到着。
(今年はこういう薄氷踏みが増えるだろうけどしょうがない)
が、コーチ陣はもっと薄氷踏みで到着しておらず、
アップは有悟が仕切ってた。それは別に問題ないけど。

Yowa20112

Yowa20113

本当にギリギリでコーチ陣も到着。
無事、試合へ。

Yowa20114

Yowa20115

さて、ここからはいちおう、
かなりまぶして書くよ。笑。

プラス点。

1.人数多。あんなにメンバーが揃ってたのは久しぶり。苦笑。
つか、前節あれだったら、敗北しなかったのになぁ…
2.ユース出ケントの活躍。
まぁ賢さは問題ないから、と思ってたけど、
あそこまでやれるとは思わなかった。クレバー。
イゴールとずっと英語で喋ってんのは、
俺はいいけど、なしにした方がいいんだが。笑。
しかしケントがいればSB問題は解決。
3.守備陣の好調。

マイナス点。
1.YS勢の不在。
メンバーが揃ってたとはいえけっこうポイントなんすけど。
2.ケガ。誰とは言わないが。
3.ウッチー不発。チャンスいっぱいあったけど、
あんまり言って金狼化しても困るし。苦笑。
4.R問題。
よーわに挑発されたらよーわに返してほしい。苦笑。
それと、均衡してるところを微妙なPKで壊すってのは、
実は個人的にはあり得ない。

でも、さらに、5.渡米、6.スカウト、7.1部3年目、8.船頭、
とあって、本当の問題は間違いなくそっちにあるんだけど。苦笑。
知りたい方は直接ご質問下さい。笑。

次の青梅も難しいんだよなー。
というか、地震があって、
ウチにはかなり難しい日程になってしまった…

Yowa20116

Yowa20117

Yowa20118

社会人1部2011第2節 TBFC 0-3 商事じゃない方の三菱

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.21

わたしたちのおまつり

10時すぎ。
久しぶりの休みだ、わー!っと、
2度寝したり、ぼーっとしたり、それはいつもか、
とにかく寝床でぐずぐずしてるところに電話。

あたくし「あ゛ー、なんでしょー?」

浅草連合「なんでしょーじゃねーよ、あにやってんだよ。
はやくこっちこいっての」

あたくし「はぁ…、こっちってのは?」

浅草連合「んー、おもしろいこというんだねきみは」

あたくし「あ、あーあー、でもみこしはでないんじゃなかったっけ?」

浅草連合「なにねむたいこといってんだこいつは、
みこしはでなくたってまつりはあんだよ」

あたくし「はぁ…」

浅草連合「とにかくとっととしたくしてきやがれ、
こないとしぬよ」

あたくし「…(しぬっていわれてもなぁ…)」

12時。
ということで浅草着。
まずはいろいろおまいりして、
観光写真して、笑、

Asakusa01

Asakusa02

Asakusa03

すかいつりーも撮って、笑、

Asakusa04

きょねん工事ちゅうだったところも、こんなにりっぱになられて、

Asakusa05

もちろん、いちのみやとにのみやにもおまいりして、

Asakusa06

さんのみやにもおまいりして、

Asakusa07

それから、こないとしぬとこへ行った。

行ったのは覚えてんだけど、
あとのことは何となくよく覚えてない。

Asakusa08

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.20

アレ

アレ以来、
いやアレって地震じゃないけど、
様々な力が、
あからさまに、
落ちているのを、
まざまざと、
感じてないと言ったら、
嘘になる。
もちろん、
年齢のせいも、
多分にあるのだろうけれど、
何と言ったらいいか、
ギアが100にまで、
上がらないというか、
せいぜい80目指しの、
50くらいというか、
アレ以来、
加速度的にダメになった、
と言うと、言っただけで、
ダメになるので、
抗っている、
抗っているだけなのは、
自分が一番よく、
わかっている。
諦めないでどこまで、
行けるか、でもすでに、
1年半が過ぎてしまって、
事態は、
改善してない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.19

知ってる人は知ってる

知らない人は必食。
俺たちの立ち食い!

Wangan

俺は食ったばっかしだったので、
次回立ち食う予定だ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.18

こもり切りだった

現場からようやく解放、2週間、
ぶりくらいにいろんな人と会って、
積もってた話ができた分、昼メシは、
いつもの3倍くらい食ってしまった。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.17

がんばれキャプテン

日曜来、実は一触即発の状態だったりもしたのだが、
間に入ったキャプテンが見事な手際で、
とりあえず場を収め切った。
元来そういう素地を持っていたとすれば、
意外と思うのは間違いなのかもしれないが、
このところのキャプテンは非常に進化しているように見える。
ヤバイ所で育って生き残っているというのは、
必ず何か理由があるのだ。
狡猾とか注意深いとか明朗とか霊感とか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.16

外泊

自分と同じ疾患の父親が、苦笑、
検査入院することになったため、
父親よりさらに年かさの母親を、
1人にしておくのもということで、
(しっかりはしてるが多々問題有)
実家泊。何年ぶりだ?というようjな感じ。

ある程度支度して、出先からそのまま、
行ったんだけど、父親が電気カミソリを、
病院へ持っていくというのを失念してたのと、
携帯の充電器を忘れたのとで、意外に苦戦。
でもそれ以上に、あると宣言されて、
高をくくってた夕飯が平気で無かったのに、
己の甘さを噛みしめた。

もっとも、泊まって初めて、
わかったことが多かったのは収穫。
リアルに見る目というか。

父親の疾患は手術に行くか五分五分らしい。
まあ年が年だしねぇ。
ただもちろん、
自分よりは軽い、ところに腹立たしさも。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.15

しながわ中央公園

エコフェスタに行き、
ミニサッカーをして遊んだ。

Eco01

Eco02

Eco03

Eco04

Eco05

Eco06

すごい紫外線だった。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.14

少数精鋭

何度も雨で潰され(特に先週)また遠のいてたので、
今週は張り切って出かけたD練、
でしたが、集まったのは、予想外に4人のみ。
ということはどういうことかというと、
基本、D練は基礎練なので、
たっぷり出来るからいいか、とも思えるのだけど、
例えばシュー練してて、打ってボールを取りに行き、
戻ってきたらもう自分の番。ほか3人しかいないから。
それがばんばん続くわけで、さぼれない、
どころか、いつもの当社比3倍くらいにキツイ。
体がなまり切ってることを改めて突き付けられたのだった。
放射能を浴びながら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.13

マーラー

「君に捧げるアダージョ」

ひそかに心配していた英語劇でなかったので、
まずはひと安心。笑。

リベラとフリーダ・カーロな話とか、
ロダンとカミーユな話とか、ちょっと違うか、
芸術家カップルには、
まぁ枚挙に暇がないような、
エゴのぶつかり合い話なんだけど、
普通は並び立たずになりがちだから、難しい。
結婚しなきゃいいんだけど、
そうもいかないのが芸術家カップル。
そういえば「ナンネル・モーツァルト」も、
同様な素材だけど、兄弟じゃもっと救いがないか。

主演のバーバラ・ロマーナーが、
「原節子?」なシーンがちょこちょこあって、
それはいいんだけど、
逆にあんまり奔放な女には見えなくなるのが難。笑。
ついでにヴァルター・グロピウス@バウハウスは、
イケメンの兄ちゃんが演ってたんだけど、
イケメンだったのか?

監督はパーシー・アドロン。
個人的には「バクダッド・カフェ」より、
「ロザリー・ゴーズ・ショッピング」の方が、
本領と思ってるのだけれど、
いずれにしても確かに音楽のセンスは悪くない。
もう3本ほど唸らしてくれたら、
ポスト・アントニオーニを任命します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.12

番付・星取り表制作に追われる

水木さんの「私の履歴書」は、
例えば、今でも調布に住んでいる元「アシスタント」のつげさんと、
“ごくたまに近所ですれ違うと、「センセイ、僕のことをあまり書いたり、
しゃべったりしないでくださいね」と、ぼそっと釘を刺される”話とか、
とにかく何回読んでも面白くてしょうがないのだけど、
特に笑えるのが、小さい頃、紙相撲に熱中した話。

序の口、三段目、幕下、十両、幕の内の番付を作り、定期的に場所を開催して取り組みを始め、星取り表まで作る。場所ごとの成績で番付が変わるので、その作業にも忙殺される。

で、これがまた、
すり切れるほど読んだことがある話なのだ。

初日が終れば二日目を、二日目が終れば三日目をやらなくてはならないから、気持のくぎり目というものがない。そうやって星取表が埋まっていき、やがて千秋楽がくる。すると番付会議を敢行しなくてはならぬ。(中略)力士の数が増えてくると、覚えきれないので、カードを作る。番付によってカードの大きさを変え、二場所ないし三場所で一歳ずつ年をくわえる。ゲームがだんだん精緻になるにつれ、その忙しさは言語を絶するようになる。(阿佐田哲也「ひとり博打」)

水木大先生と色川師匠の年の差は実は7つなんだけど、
そんなのがもうたまらなくおかしくてしょうがない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.11

イヤシ

てな言葉が大っ嫌いで、イヤされたいと思ったことも、
これっぱかしもないんだけど、月に1度っくらいは必ず、
「アッラー・フー」を聴く。彼こそアッラー。
もちろん、天に還ったヌスラト御大の歌で。
身体が浄化される感じ。録音盤をmp3で聴いてる程度なら、
ライヴの剣呑さはなく、整然としていて、没入できる。
しつこく思い出すけど、生の「アッラー・フー」は、
聴く度に危険度を増す代物だった。
浄化されるどころの話じゃない。
大文字の名の暴風で理が飛びそうな気狂い感。
どこに連れ去られるかわからない恐怖。
興奮の閾値を超えて溢れる痙攣のような暴力。
音楽でしかもアッパーものなくそういう経験すると、
イヤシなんてどーだっていいわ。冷酷非情こそ大文字。
日本人なので月に1度のmp3でいいけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.10

東京さんの

“古参”さんたちと、
夕メシ。そういえば。
ここ何年も、そういうとこに、
顔を出さなくなって久しいので、
自分としては、かなり、
浮いてるつもりなんだけど、
珍しいとは言われなかった。
ま、テキトー。
話題は今に連なる昔の話。
10年も経ちゃ、そりゃ、
昔のままじゃいられないわな。
と、そんな話が花盛りになるのは、
もう、終わってるとも言えるんだけど。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.09

巨大津波

録画しといたのをようやく観賞。
終盤、取りようによっては、
気象庁が、無益どころか、
有害な情報組織であったような、
箇所があってついフムフムしそうに。
さすがリッチな放送局、
そこらへんの憎悪の読み取りは、
やっぱお手の物だな。
気象庁って確かに無責任仕事の代表格、
みたいに常時映ってるし、
少なくとも幹部だけで60人近くもの人間、
必要なの?とは思うけどね。

今日になって口内炎+歯茎痛。苦笑。
昼前にかかりつけの循環器には行ってヤクはゲット。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.08

三菱商事戦総括

ポイントは誰が見ても中盤。
球離れが恐ろしく悪かった。
そこで引っかけられりゃああなるって。
むしろ最後に入った新人の、
たぶんそれ以上のことができずに、
パンパンはたいてた方が良かったのは皮肉。
ユーゴのFWも、意図はわかるんだけど、
どうなんだろう。少なくともポストのタイプではない。

一方、CBは2人ともよかった。
特に想像以上に使える山だった山は収穫。
何より聞く耳を持っているらしいのがいい。
森は途中からへたってきて、
プレーが一層シンプルに。それが最重大なんだけど。
逆にあんなに調子の良かったオバはどこに…、
と覆ったら、スパイクが新しくて両足靴擦れ。苦笑。

で、試合の展開だけど、
痛かったのはこれも誰が見ても1点目。
話をいろいろ総合すると、
直前にサカイが桃缶で動けなくなり、
オバが失ったボールをそこに流し込まれてしまった模様。
1対1はマーのせいではない。

それでも1点だけなら、
あの鬼プレスがいずれナリを潜めると計算できてたんだけど、
2点目の時間帯が悪かった。
3点目も同。
しかも敵十八番の当てて流してそれだけ、だったから、
中盤で潰してないと、後ろはキツイだろう。

まぁ次。次から強さがクレッシェンドしていくけど。苦笑。

Shoji03

Shoji04

Shoji05

Shoji06

社会人1部2011開幕戦 TBFC 0-3 三菱商事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.07

故あって

再び東京西部遠征。
八王子近く。
但し蹴球無関係。
ある駅の周囲を丹念に踏破した。
昼はつけ麺。
そうだ。
ベイのコーチ陣と食べて以来だった。
葱サーヴィスをしてもらえば良かった?
帰りはあざみ野に寄って、
あと30分で閉店の店で探し物。
無かった。
閉店前に店を出て、
業務用専門とかいう看板の店で買い物。
珍しいかなと思って入ったのだけれど、
溝の口の知ってる店と、
同じだった。
個人的戦果は何もないのに、
胸だけいっぱいに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.06

鬼去

鬼六先生がついにいなくなってしまった。

稀代の文章家だったと思う。

匂い立つ方の文章はもちろんのこと、
あれほど面白くて笑える文章も、
書ける人はそうはいなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.05

休日

仕事だらけでもあったようなG.W.期間中、
唯一、と言っていい? 1日何もない休日。
立て続けに朝6時台に起きなきゃならないこともなく、
夕刻には最寄りの公園にボールを蹴りに行ったりも。
汗ばむぐらいに。
ミドルの蹴り合い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.04

ハーフなカップ戦

チームM、春冬恒例のカップ戦、
黄金週間編の15回目は、
大震災大津波復興支援と銘打たれ、
チャリティ会食付きだった。
参加費を払って半分が被災地へ、という次第。

人数の薄かった年寄りチームの方で、
2試合のみ参加して早退。
1試合目、2試合目とも、
4-3-3の右MFで出場…したんだけど、
2試合とも相手が強く、
1ボランチでは耐え切れなかったので、
自主的判断にて外は捨てて絞った。
結果、0-4、0-2と惨敗はしたものの、
珍しく、自分としては満足と納得の行く、
プレーができたと思う。特に2試合目は。

その2試合目の後半に1度、
思い切って上がった時に、
たまたまボールが裏へと抜けてきて、
DFと1対1になり、これはもう勝負以外ないでしょ、
と突っ掛けたら、脚力で負け、
シュートが打てなかった。苦笑。
後に、“ボックス外からでも打った方が良かった”
と言われたけど、自分では何の疑いもなく、
勝つつもりで行ったので、後悔皆無。笑。

まぁ、最初から3試合出場の予定だったら、
勝負師かないでしょ、と突っ掛けてたかどうかだし、
第一、上がってなかったとは思うけど、
あれはあれで判断の失敗だからしょうがないと。

今は2試合が限度なのかもな…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.03

ディエゴに会いに行く

よく言ってることなんだけど、
自分ぐらいの年代だと、
フットボールの神ってのは、
やっぱオランダの14番。
それ以降時代が下ってもジーコぐらいまでで、
マラドーナは神ってよりも、
若手、ってイメージなんだわ。笑。

で、今日は思い立って、
マラドーナに会いに行った。

ディエゴは気難しいってな話なんで、
写真は盗み撮り。

Diego01

このディエゴは終始、
フンフン顔を縦に揺らしてるんで、
写真がボケてばっか。

Diego02

で、ゲーム前。

ちなみにディエゴ、
結構ウケは取っていた。良かったね。

Diego03

Diego06

ディエゴとじじい。
(じじいのクロスを神の手した)

Diego05

2ショットは貴重。超お宝だ。笑。

Diego04

これはオフレコなのだが、
ディエゴ、8日の東京都1部開幕戦、
対三菱商事戦にも何と来てくれるらしい。
年代的に言うと、ディエゴは若手、なんで、
「遅刻すんなよ」と言っといた。笑。

ところで、そんな色物話より、
メインのオールスターだが、
いい試合だった。
個人的にMVPは、大分・仁部屋くん。

途中からコア代表サポの席で一緒に見て、
わかんには、最短の3日で作ったという、
みんなが着てるTシャツをもらった。あざーす。笑。

Diego07

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.02

まふだち

と久しぶりに話。
とゆーか、
DMを15ヶも書いてた新記録。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2011.05.01

くんだり覚書

急に行くことにして、高尾へ。
カードは都立同士の準々決。
いつもは勝ってる相手らしいし、
準決は駒沢で、もちろん、
そっちでOKと思ってたのだけれど、
勘が働いたんだろうな。
結局、最後のカップ戦になった。

経過は1点先制されたものの、
Aの粘りでPKを取って、
Yが普通に蹴り込み前半終了。
(YはPKを余り外したことがない)。
後半は動きが止まってきた終盤に、
相手の攻撃陣の踏ん張りで崩され、
ついに勝ち越しを許してしまったが、
アディショナル・タイムにFKを得て、
センター右付近から、
Yが蹴り込んだロング・ボールを、
たぶん次代を引っ張って行くであろう、
途中投入の下級生経験者が、
それはそれは見事なトラップから、
ゴール前に落とし、走り込んだA?が、
劇的な同点弾。追いついたのだけど、
ありがちな話で、活躍した面々が、
PKを外してしまい(Yは普通に決める)、
勝ち残れなかった。

Yたち数名はとりあえず残留決定まで、
リーグ戦に出るらしいが、
ほとんどの上級生はここにて引退。
恐らく上の学校では蹴らないだろう。

帰路、目をつけてたビュッフェ・スタイルの、
食堂で遅い昼。
100円の竹の子きんぴら、ひじき、卵焼き…等々、
勝どきの月よしあたりじゃ余りしない、
あれもこれもをついやってしまって、
千円を大きく越えてしまった。
平町の食堂時代から、
小皿並べるのが好きなタイプ。苦笑。

Last01

Last02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2011 | Main | June 2011 »