« 東京さんの | Main | 番付・星取り表制作に追われる »

2011.05.11

イヤシ

てな言葉が大っ嫌いで、イヤされたいと思ったことも、
これっぱかしもないんだけど、月に1度っくらいは必ず、
「アッラー・フー」を聴く。彼こそアッラー。
もちろん、天に還ったヌスラト御大の歌で。
身体が浄化される感じ。録音盤をmp3で聴いてる程度なら、
ライヴの剣呑さはなく、整然としていて、没入できる。
しつこく思い出すけど、生の「アッラー・フー」は、
聴く度に危険度を増す代物だった。
浄化されるどころの話じゃない。
大文字の名の暴風で理が飛びそうな気狂い感。
どこに連れ去られるかわからない恐怖。
興奮の閾値を超えて溢れる痙攣のような暴力。
音楽でしかもアッパーものなくそういう経験すると、
イヤシなんてどーだっていいわ。冷酷非情こそ大文字。
日本人なので月に1度のmp3でいいけど。

|

« 東京さんの | Main | 番付・星取り表制作に追われる »

Oto」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イヤシ:

« 東京さんの | Main | 番付・星取り表制作に追われる »