« イヤシ | Main | マーラー »

2011.05.12

番付・星取り表制作に追われる

水木さんの「私の履歴書」は、
例えば、今でも調布に住んでいる元「アシスタント」のつげさんと、
“ごくたまに近所ですれ違うと、「センセイ、僕のことをあまり書いたり、
しゃべったりしないでくださいね」と、ぼそっと釘を刺される”話とか、
とにかく何回読んでも面白くてしょうがないのだけど、
特に笑えるのが、小さい頃、紙相撲に熱中した話。

序の口、三段目、幕下、十両、幕の内の番付を作り、定期的に場所を開催して取り組みを始め、星取り表まで作る。場所ごとの成績で番付が変わるので、その作業にも忙殺される。

で、これがまた、
すり切れるほど読んだことがある話なのだ。

初日が終れば二日目を、二日目が終れば三日目をやらなくてはならないから、気持のくぎり目というものがない。そうやって星取表が埋まっていき、やがて千秋楽がくる。すると番付会議を敢行しなくてはならぬ。(中略)力士の数が増えてくると、覚えきれないので、カードを作る。番付によってカードの大きさを変え、二場所ないし三場所で一歳ずつ年をくわえる。ゲームがだんだん精緻になるにつれ、その忙しさは言語を絶するようになる。(阿佐田哲也「ひとり博打」)

水木大先生と色川師匠の年の差は実は7つなんだけど、
そんなのがもうたまらなくおかしくてしょうがない。

|

« イヤシ | Main | マーラー »

Book」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 番付・星取り表制作に追われる:

« イヤシ | Main | マーラー »