« 口内腫れ | Main | ようこそ »

2011.06.08

シャラク

いつもの平成館。

よくいる大首絵の平凡なファンなので、
そりゃあもうデビュー期に尽きると思ってる。

“絵師があまたいる中で、
どうして人気が集まるのか?
彼の絵のどこに魅力があったのか、
考えてみよう”式の説明書きがあったけど、
個人的にはやっぱ、
フリーキーだったから。それが一番。

例えば、かぁ。
例えば「二代目瀬川富三郎の大岸蔵人妻やどり木」。
ああいう絵のフリークさといったら。

いつもながらに混んでたのも、
耳してずっと、
ハイブリッド・キッズ@モーガン・フィッシャーとかを、
聴いてたので、恐るべきくらい気にならなかった。

Sharaku

秋葉まで歩く。

|

« 口内腫れ | Main | ようこそ »

Art」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15384/51956107

Listed below are links to weblogs that reference シャラク:

« 口内腫れ | Main | ようこそ »