« ガチのアルヘン戦 | Main | 女子W杯も始まる »

2011.06.26

狙って取る(しかなかった)

当初の予定を急に変えて早めに現地入り。
全選手の中では戸田有悟が3番目くらいに来た。
1カ月?ぶりぐらいの復帰戦。やる気は十分。
あと、早めといえば酒井。
サブでのスタートなど、ここんとこ出場機会に、
恵まれてないにも関わらず、
そうやって早めに現場に入る姿勢は、
素晴らしいと思ってる。俺だけでなく。

今日は前監督、新監督ともいないので(!)、
ベンチに入って主将の手伝いをした。
試合開始。
まず前半は、後ろへの蹴り込みを徹底させた。
そういう時、最近は阿部がグッド。
もう中堅だからな。今日の阿部は良かった。
不徹底になりかけると主将が声を出す。
主将の声は通るからいい。
守備ではオバ。本人は不服だろうが、
彼はあのポジションの方が、
球の持ち過ぎが姿を消して、
実にムダのない動きになる。
オバのあそこ起用は、
それしか手がなかったとはいえ、
今日の1つのポイントだった。
前半は0-0で終了。

後半。ぶっちゃけて書くと、頑張ってた高尾が、
ヤバくなった時点で、手早く主将と話し合い、
勝ちは見切って、勝点1でいくことにした。
理由その1…大ちゃんの、
あと1歩で足が届かなかったシュート×2本ほか、
決定機がことごとくモノにならなかった。
ゲームが膠着して決定機がないよりも悪い兆候。
突っ込んでいくと大火傷の可能性もある。高い。
理由その2…三宅が前半で退いたのだが、
この穴は想像以上にデカイ。
前半と同じと考えてはいけない。
理由その3…高尾が交代してしまうと、
次に打つ手はもうかなりキツかった。
理由その4…実はこれが一番の理由だったんだけど、
主審がアイツだったこと。
そう、去年も試合をムチャクチャに壊したあの主審だった。
有悟がすでにカードを1枚もらっていて、
(しかも後で聴いたら脅迫まがいに、もう1枚出すぞと、
言われてたらしい)、
赤が出る可能性も考えなければ、だった。

よって、そこからは守り一辺倒のカードだけを切る。
しまいには主将も入れて念には念を入れた。
そりゃ勝ちたかったし、
勝たなきゃいけない相手でもあったけど、
あの選択は間違いではなかったと今でも思う。
主将は最後まで迷っていたが。笑。

しかし主審は悪活躍し、最後乱闘寸前までいった。
(穏和な正岡がキレてた)。
ああいう輩はどうにかなんないものなのだろうか?

Shinjuku201101

Shinjuku201102

Shinjuku201103

Shinjuku201104

社会人1部2011第6節
湾岸 0-0 歌舞伎町

|

« ガチのアルヘン戦 | Main | 女子W杯も始まる »

Tokyo」カテゴリの記事

Event」カテゴリの記事

Bay」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 狙って取る(しかなかった):

« ガチのアルヘン戦 | Main | 女子W杯も始まる »