« ジョセフ・クーデルカ プラハ1968 | Main | 鴨なまいはうす »

2011.07.22

コッパ 12

準決2題。

ウルグアイ 2-0 ペルー

スアレスのキチガイみたいな熱さ、
ウルトラな凄さを十二分に堪能できるゲームでした。
…とそれだけでなく、この大会のウルの、
文字通りベスト・ゲームといってもいい試合だったと思う。
まだ2試合あるけど。笑。

というのも、前半終了近くの、
単なる時間稼ぎみたいなこと以上の、
とことん勝ちにこだわっている姿勢にまずしびれ、
そして、フォルランのキレイなミドルで始まった、
あの先制点も凄かったけど、
続けて間髪入れずに心臓をブッ刺したカウンター
チロケのドリからボールを奪っての速攻に、
何というか、美の神を見たね。
取った時間も申し分ないし、
アレはもう奇跡のコントロール・カウンターだと。
頭脳的フットボールの1つの極であると鳥肌立った。

ペルーは後半23分、
ヴァルガスの報復性ヒジ打ちで終了。
終了間際にゲレーロ、かなり粘ってたんだけど、
顔から言うと意外に良GK、笑、ムスレラの、
好守にあってちょっとの運も分けてもらえず。

パラグアイ 0-0 ヴェネズエラ(PK5-3)

ヴェネズエラは今大会一番のダークホースで、
けっこういいチームだったことに驚いてたわけだけど、
今日もセット・プレーなどは、
いろいろ練習してきたんだなーというようなパターン多し。
一方のパラはブラジルとの120分勝負の後遺症か、
押し上げ遅く、後半勝負って雰囲気だったな。

もっとも後半に入ってからも膠着状態続。
パラは勝負どころか、
代わって入ったエスティガリビアは上がらないし、
ヴァリオスは何回目測誤ってんだよ、だったし、
ロケは出てきて7分で筋肉やっちゃったし、
(ヴァルデスを代えた采配は完全に謎)
試合をやってるのがやっとの状態だった。

それでも点を取られないというのがパラなんだよねー。
個人的には仏W杯時のフランスとの戦いが、
忘れられないんだけど、
(延長負けのやつ。ガマラ、アジャラがまだ20代の頃だよ、
フランシスコ・アルセーがいて、GKはチラベルで。懐)
延長前半もマルドナードのシュートが、
ポストに救われてヴィジャール苦笑い、なんて、
シーンがあったり、
アランゴの美しいFKが再びポスト直撃だったり。
(アランゴは延長後半14分のクロスも凄かった)
逆に言うとヴェネズエラは完全にフラグだよね。

そしてPKは誰も外さない、と。笑。
パラの戦いはずーっと、
あの仏W杯の前からも一貫していて、
「自分たちの戦いを貫いて」みたいなことを、
よく日本の選手も軽く口にするけど、
本当の「自分たちの戦いを貫く」ってことは、
そういうことなんだよね。
そこまで貫けば、もう勝ちだ負けだは、
純粋に結果でしかない。選手たちは、
自分たちのフットボールを淡々と遂行するのみ。
前W杯で日本がPK負けしたのも、
アレは日本が勝てたかもしれない試合なんかではなく、
実は彼らの術中ど真ん中にあったことが、
よく理解できるんじゃないだろか。こういう試合を見ると。

最後、少し荒れた終わりになって、
それもいかにも南米ならでは、で楽しかった。笑。

|

« ジョセフ・クーデルカ プラハ1968 | Main | 鴨なまいはうす »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コッパ 12:

« ジョセフ・クーデルカ プラハ1968 | Main | 鴨なまいはうす »