« 黒い神と白い悪魔 | Main | コッパ 6 »

2011.07.12

コッパ 6の前の7

ばちすた君、今日もラヴェッシ出した。
ラヴェッシ1stチョイスの理由が判明しました。
「好き」なんですね。ラヴェッシ。笑。

つこって、
あるへんな皆さんにはドキドキだったであろう、
(事実、クンが押し込むまでは、
もしやどうにかなっちゃう?感もあった、笑)
一方、直接関係のない第3者には、
「何だ、フツウの結果に終わっちまったぜ、ちぇっ」
な一戦でしたが、いかがお過ごしでしょうか。

まぁ誰にでもわかってたことだから、
改めて書くような話でもないんだろうけど、
やっぱ4-3-3が問題の根底だったわけで。
イグアイン1トップでの4-2-3-1にした途端、
チャンスてんこ盛りになりましたとさ。
それでもまーツメで外すこと外すこと、
だったんだけどね。笑。
ただテヴェスがどうのディマリアがどうの、
みたいな話じゃなくて、
要は1番前でリオさんに球を集めても、てなお話。
ばちすた君が依怙地になるタイプでなかったのは、
あるへんにとって幸いだったかと。笑。

もっとも、攻撃の方が目に付きやすいんだけど、
システム替えて、守備も安定したのが明々白々で、
とりあえずボランチが機能し出して、
2枚のところでかなりボールを奪うことができていた。
ここぞな時には両サイドも下がって、
危険なカンベル等ほとんど仕事させてなかったし。
あの先制も、守備の安定から、
ガコの思い切りいい突っ込みが出たわけだし。

あと、代表チームでの、
ハビエル・パストーレは視たかったんで、
ばちすた君グッドジョブ。
お気に入りのラヴェッシは、
次出られなくなっちゃったけど。苦笑。

リッチ海岸(コスタ・リカ)側からすれば、
もっとパラグアイみたいなねちっこい戦いをすれば、
アルヘン自爆したかもしれないものの、
ま、そんなことは言ってもしょうがない。
若いカンベルや強気なモラには屈辱だったろうけど、
(カンベルは前半21分G・ミリートに削りかまされてたし)
再戦時にいかに返せるかが、
全てのスタートっす。

こっぱ2011 3巡目 あるへん 3-0 小須田 里香

|

« 黒い神と白い悪魔 | Main | コッパ 6 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コッパ 6の前の7:

« 黒い神と白い悪魔 | Main | コッパ 6 »