« ネパールの | Main | ほぼ10日ぶりの »

2011.08.12

この愛のために撃て

てな邦題はどうかと思うんだけど、
見終えてべらぼうに面白かった、
フレッド・カヴァイエのノワールもの。
こないだ、おフランス(白)人はホント、
芸術的には遅れてるから(特に絵と音楽)…話で、
いつも通りに盛り上がったのだけれど、
こと、こういう題材に関してはやっぱ素晴らしい、
ヴィーヴ・れずぉフランセ!という感じか。
うんこな腐れ警察ってテーマは、
日本でも十分通底するテーマながら
(といっても、もっとしみったれて貧乏クサい、
腐れうんこさ加減だろうけど)
この国じゃ絶対撮れないしなこういうの。
そりゃもちろん瑕疵はそれなりにあるよ。
でも大した問題じゃあない。
何より街の臭いが犯罪臭にピッタリだし、
あんな奴(って警官の方ね)殺せ殺せって気に、
ついなって、拳握りしめさせてくれるし。
あと、ジェラール・ランヴァンとか、
悪いアマラオみたいなロシュディ・ゼムとか、
悪人の顔もいいしね。
お薦めは女性の悪人だけど。

|

« ネパールの | Main | ほぼ10日ぶりの »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference この愛のために撃て:

« ネパールの | Main | ほぼ10日ぶりの »