« 300円 | Main | 後で思い出す前日 »

2011.09.29

老犬最後の日々

トシの割には元気だったゆえに、
よく聞くだろ、癌の進行が恐ろしく早く、
顔、というか犬相が変わってしまい、
ここんとこは、ドッグ・フードをミルクにしたして、
でろでろに柔らかくしてやってたのが、
口内の癌のため、いよいよ食べられなくなってきて、
妹の大学の病院から、
注射器のデカイのようなスポイトを借りてきて、
開けたがらない口を何とか開かせて、
そいつでノドの奥に、ニュルニュル、
流動食を押し込むことになった。
もっともそれは単独作業では難しいので、
いったん皆の態勢を立て直して、
細かくチームを組む段取りをつけて、
今晩からのスタート。
ただ、そうやってムリに食べさせても、
実はほとんど癌に栄養をやってるようなものだから、
あくまでも嫌がらない範囲で、なんだけど、
とりあえず今日はうまくいったけど、
うまくいくのはもう、数日後までかもしれない。
そんなわけで、鎮痛剤すら飲み込めず、
もし苦痛が伴うのであれば、
解放してやりたいと冷たく考える自分もいる。
夜は家の中に入れて、今仕事をしている部屋の隣、
ガラス戸を隔てて、老犬は何とか短い休息を。
ガラス戸の向こうは、
癌の臭いが充満している。
自然界は冷酷なもんで、網戸の外には、
蠅がたかりはじめた…

|

« 300円 | Main | 後で思い出す前日 »

So Nota」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 老犬最後の日々:

« 300円 | Main | 後で思い出す前日 »