« 対中戦 | Main | 大!天才テレビ君 »

2011.09.13

黄身のない卵

Y初監督作品。

かなり評判は取ったらしいが、
評判の大半は作りの安っぽくなさで、
そこにそれ以上の意味はない。
本人たちはわかってるけど。
ただ、人に見せるために、
最低限の完成度にまでは仕上げるという、
この年代に求めるのはハードルが高い感覚に、
気がついたことは素晴らしい。
そここそが出発点だから。

まぁ限りなく“製作委員会方式”っぽい出来に、
個人的には正直微妙なんだけど、
Yの「話し合い」的な作り方は聞いてるし、
その意味では非は1人にあるわけじゃない。
…なんて書くと、
あたかも相当な失敗作みたいだけど、笑、
あくまで同年代の評価は頭抜けて人気が高く、
実際、映画的にも、ストーリー的にも、
面白くなりそうな場面(最初の屋上、
事件があらかた解決してからのアクション、
別案あったラスト等)がいくつかあった。

言ってみれば、予算や時間を始め、
そういう、思い通りにならないという経験の、
積み重ねなんだよね、映画ってのは。
けっこう型のある、
芸術なのだった。

Kiminasi
開館直後。この後補助席をいくつも出すほどの超満員状態に。

|

« 対中戦 | Main | 大!天才テレビ君 »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 黄身のない卵:

« 対中戦 | Main | 大!天才テレビ君 »