« 朱花の月 | Main | 引退試合 »

2011.09.17

アメイジング・グレイス

訳あって今ごろ見たんだけど、
想像以上に面白かった。

まずユッスーの映画初出演に感慨。
コテコテの英映画で言葉どうしたのかと思ってたが、
特典映像の話だと、特訓したらしい。笑。
(ユッスーはセネガルなので第2外国語は仏語)
もちろん言葉以上に、
錚々たる英演劇系の名優陣を相手に、
まったくヒケをとらない、
どころか編中1、2位の存在感が素晴らしかった。
役柄的にはそりゃムリかもしれないけど、
あとは表題曲を歌ってくれればもう文句なし!、
と、ワガママも言いまくれる佳品でした。

あとは、必要以上に正義をふりかざしてないのが、
良かったのと、
英映画にしては珍しく、明るいのが良かったのと。
明るさに関しては、いかにも英国女らしいカミさん役の
ロモーラ・ガライに負うところも大。

|

« 朱花の月 | Main | 引退試合 »

Oto」カテゴリの記事

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アメイジング・グレイス:

« 朱花の月 | Main | 引退試合 »