« 別に | Main | 老犬最後の日々4 »

2011.10.06

老犬最後の日々3

固形物がダメになったので、
だからと言って手を拱いてることもできず、
妹関係の先生の薦めで、
缶詰の練り物(そういうDFがある)を、
太い注射器のような器具に詰めて、
直接、口から注入することにした。

口の半分が患部なので、
異物がちょっと触れただけでも痛いはずだし、
そもそも何をされてるかわからないだろうから、
本人的にはあまり嬉しくないのだが、
それでもやっぱり食べさせなきゃならないので、
こっちもタイミングが合うまでじっと粘る。

もちろん口から外に出てしまうのが大半だったけど、
どうにか冠の半分は食べさせることに成功。
1時間かかった。
でもコツも掴めてきた、ような。

|

« 別に | Main | 老犬最後の日々4 »

So Nota」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 老犬最後の日々3:

« 別に | Main | 老犬最後の日々4 »