« ロンドンへの道? | Main | あーいえばこーいわせないぞ »

2011.11.28

ケン・ラッセルの終わり

正直、打ち明けると、
以前にも書いたことがあるアントニオーニ(ミケランジェロ)、
それとリチャード・レスター、
そしてケン・ラッセルの3人が、
(ニコラス・ローグを加えて4人の説も有)
まっとうな人生の道から足を踏み外させる、
“元凶”だったのはハッキリしているのだった。苦笑。
そう、「欲望」と「ヘルプ」、
そして「トミー」の3本とさえ出会わなければ、
まっとうな、ちゃんとした人生が送れたのに…
まぁヤードバーズとビートルズとフーのせいとも、
言えるんだろうけど。
実は、なっとうな、と打ち間違えそうになったのだが、
納豆な人生はちょっとやかも。
で、何だっけ? あ、そうケン・ラッセルだった。
今はとっくに無き「シネマスクエアとうきゅう」の、
こけら落としが確か「マーラー」だったような、記憶の彼方だが、
「トミー」以降、ケン・ラッセルはきちんと見てた。
うそ。「アリア」くらいまでかな。追ってたのは。
でも「肉体の悪魔」や「「恋する女たち」も、
ちゃんと遡って見てたし、
いや、今と違ってDVDとかないから相当見にくかったけど、
人気の高い「アルタード・ステイツ」などはともかく、
個人的には、パンジーな「バレンチノ」なんかも大好きだった。
やりすぎなケン・ラッセルが。

ケン・ラッセルも死ぬんだ、と思ったかな。
納豆な人生ではなかったろうに。

|

« ロンドンへの道? | Main | あーいえばこーいわせないぞ »

Oto」カテゴリの記事

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケン・ラッセルの終わり:

« ロンドンへの道? | Main | あーいえばこーいわせないぞ »