« 哲学と愛 | Main | 大陸間1位クラブ決定トーナメント 1試合目 »

2011.12.07

チキン・ディフェンダー

何度目の日立台来訪だったか忘れたけど、
もう10年以上前の話。
思えばあの頃、町田(忠道)も粕にいたんだし、
帰りには野菜を配ってくれたりもしてた、笑、
古き良き?時代に、
当時恐らく期待の、若手DF3人が並んだ時があって、
あの、ピッチまでが近い日立台で見ると、
奴らのサイズの大きさ、ガタイの良さに、
圧倒されたことを覚えている。

ところがいざ試合が始まったら、
この屈強DF陣が、まーとんだハリボテ。笑。
あんなにフィジカルに恵まれてるのに、
というか、フツウにやれば戦えないはずもないのに、
まぁ若手だったからしょうがないのかもしれないけど、
3人とも気弱なことおびただしく、
ガッカリ感120倍。
以降、個人的には「粕のチキンDF3人組」と、
長く呼ばれることになったのだった。苦笑。

そのうちの1人、N田くんは、
やっぱりガタイを見込まれたのか(だろうなぁ、見た目は)、
移籍先からビッグ・クラブへ引き抜かれ、
一見順調な出世ぶりだが、
2011最終戦のピンク新聞で、
「来季はもっと存在感のあるディフェンスをしてもらいたい」
なんて書かれてたし、苦笑、
もう1人、N澤くんは、
西の(西野?)こちらもビッグ・クラブで、
レギュラーで頑張ってるらしいけど、
とある因縁により私的にはどうも今イチな選手のままだ。
偏見だけど。笑。

で、やっと本題。
それらチキン・トリオの中でも、
一番地味な感じだったK藤くん。
彼だけは唯一粕に残り、チームの最終ラインを守り続けた。
もちろん黄黒さんはこれまで2度、
2部に落ちているので、
別にサポーターじゃないから常時見てるわけじゃないけど、
彼のミスで落とした試合、ってのも、
きっとあったことだろう。DFってそういう職種だし。

その彼の、今季の出場時間は2790分。
主将の大谷や成長株の酒井、
チームMVPのレアンドロ・ドミンゲスより多く、
堂々のチーム1位である。
もちろん、DF>MF>FWというポジション柄もあるけれど、
ネルシーニョの信頼が厚かったということの、
何よりの証だよな。
つことで、

改めて、心からおめでとう、
近藤直也くん。
失礼にも君をチキンと呼ぶことは、
もう2度とない。

|

« 哲学と愛 | Main | 大陸間1位クラブ決定トーナメント 1試合目 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15384/53456098

Listed below are links to weblogs that reference チキン・ディフェンダー:

« 哲学と愛 | Main | 大陸間1位クラブ決定トーナメント 1試合目 »