« December 2011 | Main | February 2012 »

2012.01.31

良妻原子心母

今日は「いいサイの日」だ、と言ったら、
それは違うだろう。
いいサイなら11月でなければ正しくない。
と論破された。
ただし、11月には空がない、じゃなく、
31日がない。
ゆえに仕方なく1.31にしているのだ。
と屁理屈ったら、
いや、それでは「委細の日」だ。
と、どこまで行っても正論野郎、
正論気違いだったのだった。
ならしょうがねえや。
今日は「ひとサイの日」、ということにする。
つまり「人妻の日」だ。
なんか、べらぼうに良くなった。
才能あるかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.30

新年会

まーあんま関係ないんだけど、
精養軒で事務所の新年会。
早めに着きすぎちゃってって別に、
力が入ってるわけじゃなくてヒマ、笑、
だったからなんだけど、しょうがないんで、
電車を1つ前で降りてたけやの前に出て、
1時間ほどぷらぷうら。てのはいいけど、
昼が早かったんで小腹がへって、
大山のメンチカツで1杯、
の誘惑との戦闘が大変だった。苦笑。
ただねー。いつも行くチケット屋および、
秘密の某所で、実は目当てにしてたものが、
予想外に買えなかったからか、
肝心の新年会には気が乗らないまま、
会場入りしてぼやーんとしてたら、
あっとういう間に何もなく終わった。
まーあんまこういうとこ向きではないのかも、
しれないけど来年は来ないようにしたい。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.29

冬のぶっ続け練 1

家内制仕事が思いのほか早めにハケたので、
ホントは行けないハズだったチームM恐怖の?
4時間ぶっ続け練習マッチに晴れて出席。
まあぶっ続けは今日に関して説明すると、
参加者が若干少なめで単純に交代が利かなかった、
ってだけなんだけど。苦笑。
なので、いつもの守備的MFの時は上がりを控えて、
できるだけ体力を温存してたものの、
3時(12時~4時の)にさすがにライフがゼロになったので、
以後は旗(副審)で貢献。笑。でもまぁ久しぶりに満足。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.28

大入満員

のD練行き。
もちろん行ってから大入満員思い出したんだけど。

天気良くなかったんで、普通なら「え、こんだけ?」のことも、
あるところだったものの、主宰者Sのチームが練習不足で、
明日の試合用にすまん頼む男のとコーチ?付きで一個連隊、
混入したため、小さなグラウンドがいっぱいいっぱいだった。

まぁあんだけ女性がいるとさすがに華やか? 笑。
特にお気に入りさんとトラップ練なぞして癒されたり。笑。

ただ調子は今3くらいと、ちっとも良くはない。
ボールに全然さわれてないんでしょうがないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.27

ケシゴム

5日ぶりに当事務所に来たのだが、
前回来た時に、大量に出しっ放してしまったケシゴムのカスが、
机の下いっぱいにまだそのままになってた。
業者さん毎日入れてないのかよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.26

氷河期

しょぼくれた
夢ばかり見る
春隣り

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.25

いかれぽんち再来

ツイッターを眺めてて、
今日がトビー・フーパーの、
誕生日であることを知る。

7年ぶりの新作が、
すでにポスト・プロダクション中だそうで、
それはもう、何というか、
楽しみでならない。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.24

再連絡

終戦は決まったものの、
講和条約は結局発効しないだろうと電話。
何でも敵は、片翼を欠いてての譲歩だったらしい。
まぁその話を詳しく聞くと、
やっぱ人非人なんだけど。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.23

ソング・トゥ・ソウル

少し時間ができたので、
先週土曜に録画しといたオーティスの回を見る。

インタビュー出演はスティーヴ・クロッパーに、
メンフィス・ホーンズのウェイン・ジャクソン、
そしてあの事故唯一の生き残り、
バーケイズのベン・コーリーと涙モノの布陣。

スティーヴが、オーティス最後の曲となった、
「ドッグ・オブ・ベイ」を語る。

その語りからオーティスが彼を、
“クロッパー”と呼んでたことがわかったし、
そのクロッパーは、
「These Arms of Mine」と迷いながらも、
「I've Been Loving You Too Long」が、
ベストと思ってるとか、
あ、「ドッグ・オブ・ベイ」の話か、
バックのMGズ+ブッカーT(ピアノ)の録りの話は、
有名だろうけど、
オーティスが普通にツアーから帰ってきてたら、
ステイプル・シンガーズの、
バック・コーラスを入れる予定だった話とか。

いや、それより、
「神様に助けてもらった」と語ったベン・コーリーが、
すぐに俯き、涙をこらえて、
「僕だけが助かってしまった…」と言う悲しさ…

いずれにしても、
このSONG TO SOULは、
いいTV番組だと思いますよ。
次週はピアフらしいけど。

スティーヴじゃないけど、
個人的なオーティスのベストは、
うーん…
「Come to Me」好きだけど、
「Chained and Bound」もいいし、
「That's How Strong My Love Is」も捨てがたいしなぁ…
と言いつつやっぱ、
「I Can't Turn You Loose」か、
「Try a Little Tenderness」で常識的に?
いや迷う。苦笑。

ちなみに、
The Complete Stax-Volt Singlesは、
i-Pod常備薬ですね。
永遠のHitsville USA Motown Singles Collectionに同じ。笑。

それと、オーティスといや、
ジョニー・オーティスも、
あとエッタ・ジェイムスも、
立て続けにきたよねぇ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.22

今日こそは

サンプルを見とかないとさすがにヤバイってんで、
一生懸命自分を追い込むつもりなんだけど、
そもそもから寝坊したり、昨日が昨日だったんで、
その分走りに行ったりと、なかなか始めらんない。
そのうち夜になり、ようやく9時ごろ、苦笑、見始めたんだけど、
ウチのBD、空き容量が減ってW録がかかると、
それ以上の作業ができなくなってしまうため、
11時からのW録画開始と同時にBDの再生は停止。
結局、今日中に見終えるのは不可能って感じですね。
いや、映画の録画やめりゃあいいんだけど。苦笑。
未見の川島雄三なもんで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.21

雪につき

日程全滅。
唯一懸案だった、というか、もしやこの天気でやるんなら、
そこそこ覚悟して行かなきゃなんねえな…と重くなってた、笑、M練も、
10時にめでたく&めずらしく中止の報が入り、
といっても理由は“グラウンドコンディション不良”なので、
結構“危うく”ではあったのだけど、苦笑、
これで本日はお日柄もよく、
家から1歩も出ないことに決定した。

自由時間だーと思ったら、
あっという間に夜中になってしまったが。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.20

終戦

戦争は、1度も戦わずして終わってしまったようだ。
同盟国の土壇場での事なかれ精神、
要は愚鈍な保身によって。
まぁ、よくある話だ。笑。

唯一の絶好の転換機は去った。
個人的にはもう、引く以外ないように思える。
残念だし悔しいけど、それも運命。
というか、実は読めてたようなところもある。
結局、ゲームの規則は、
“手持ちの手段で何とかやりくりする”だから、
そのレヴェルを云々しても、意味はないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.19

人身事故が多い

今の仕事の相方は、
某よみうりランド前駅で、
まさにその現場に出くわしたことがあるそうで、
事故そのものよりもむしろ、
「駅員の淡々とした感じが強く印象に残った」
と、こちらのフリを聞いてそういえばと、
ふと思い出したように話してくれたが、
その大事件が、ふだん忘れてるほどで、
トラウマにすらなってないアンタの淡々感に、
アタシャ驚くわ。

帰りは久しぶりに雁首揃えた連中と、
3時間近く駄話をした。
たまにはいいこと…なんだけど、
それより皆の状況の方が身につまされて、
ウマイ物食ってるような奴は、
地獄へ落ちやがれと思った。

あ、あと、
電車急に止められて慌てて携帯で、
必死に別ルートを探してる時に、
いきなり英語でまくしたててくんじゃねえよ。
不安なのも言ってることもわかっけど、
お前の秋葉原行きが、
すべてに優先するわけじゃねえんだよ。
それと、人に何か物を頼む時は、
せめて日本語な。
カタコトでいいんだから。
こっちもカチンときて日本語で通しちゃったよ。
あのさ。筋ってもんがあんだろ。な。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.18

戦争だガキども

もう目の前だ。ちゃっちゃと始まっぜ。
戦争だガキども。
もう鼻の先だ。すぐにボカンだぜ。

Gimme, gimme shelter.
Or I'm gonna fade away.
War, children, it's just a shot away.
It's just a shot away.

まぁ現状そんな感じすね。
むかーしのストーンズの歌詞のような。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.17

N澤さん

細身で長髪、
白い髭を蓄えてていつも飄々とした感じ、
自分より10才くらいは年上で、
見るからにいかがわしい雰囲気の、
つまり非常に好きなタイプの人なんだけど、
今日、出会い頭に、
「いやー、痴漢したことがある?って聞いても、
知り合いの中で、あるってやつがいないんだよねー」
と言われた。
余りに唐突だったので返事に詰まったのだが、N澤さん、
質問の仕方が良くなかったのではないでせうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.16

調子に乗る

と、コケることも多いんだけど、
コケないようにすることが人生ってワケじゃあない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.15

目医者へ

行ったら休憩時間中で、唐突に財布を、
忘れてきたと言われて手数料が必要になり、
食事の時間がないからと、立ち食いで、
済ませたら時間が空き、わざわざ前売の、
チケットを買いに行けば売切、肝心の、
演奏中に眠くなり、ゆっくりあちこちへと、
楽しみにしてたら、取って返すことになった。
待ち合わせてからは、怪しい記憶に振り回されて、
延々遠征し、結局覚えているところを案内。
まぁ実は昨日からそういう風潮だったんだけど、
そんな週末だった。黙って球蹴りに行った方が、
よかったか?そんなこともなかったと予想。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.14

突破寸前での失速

ちょっと早めに会場入りするため駅に行ったら、
いきなり電車が動いてなかったのには確かに驚いたよ。
しかもその駅での人身だったんで。
仕方なくチャリで現地へ向かう。

何とか1試合前の東京の子たちのゲーム中に会場入り。

Komazawa12011

まず今日は、
チームの点取り頭が不在だった。
それと正GKが、連絡なく遅れた。
いや、遅れたのは、
彼だけのせいではもちろんないんだけど、
連絡がなかったというとこを重く見て、
監督はスタメンから外した。

で、ツケが大きく出た。

Komazawa12012

試合はハッキリ勝ち試合だった。
絶好機は山ほど。
ただ、ことごとく仕事を完結できなかった。
そんなことをしていると、
もれなく福が逃げてしまうという、
言ってみりゃ非常にありきたりなゲームだった。
M監督は頭抱えてたけど。

Komazawa12013

今日、予選リーグ現在最下位の相手に勝てば、
初の上位リーグ進出決定!だったんだけど…
チームにとってドーハのような展開だった。

ドーハの割には寒かったが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.13

長期摂取による依存症

昨日は出先でカレーを食べに行けなかった。
朝、スケジュールはそういう風に立てていて、
となると、意識はもちろん臓器関係も準備状態に、
入っていて、そこで首尾よくカレーを遂行できない場合、
手の震え、頭ののぼせ、感覚過敏、瘧、妄想、幻覚、動悸、
瞳孔拡大、火照り、パニック、痙攣等々、
激しい中毒発作に襲われ自分でも手が付けられない。
白状すると昨日もそうで、午後は心ここにあらずという、
切迫した状況に陥り、脂汗をばタラーリ、タラリと流し、
これを下の金網、鉄板に漉き取り、柳の小枝をもって、
三七は二十一日の間、トローリ、トローリのカレーを、
結局帰路に遠回りをしてまで食べに行って食べ、
家に帰ってから夕食も食べてるので3キロ太った。うそ。

うそでないのは、「少し多めに食べてても借金があるわけじゃない」、
「食べてても、今まで癌にはなっていない」、
「カレーは害が少ないから、やっても大丈夫」が口癖だったが、
最近は、「カレーさえやめれば、元通りいくらでも働ける」、
「世の中、面白くないことばかりだ」、
「自分はかわいそうな人なんだ」、
「人間は誰だって死ぬんだ」、
「カレーを口にしてれば落ち着くんだ」、
「法律に違反しているわけじゃない」と言うようになった。
ヤバイような気がしてる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.12

喜び組の乱立

って状態になってるんだな。

「いかなる党派にも属さない」
「すべての党派を打倒するつもりだ」

サン・ジュスト的立場を貫くことは、
今も昔もほとんど不可能で、
そこからどうするかってことだわな。
今も昔も。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.11

湯島乱舞

昨日の湯島話の続き。

実は飲みに来たことはある。
その中で一番の思い出は事務所の新年会、
じゃないな。正確には当時の事務所の、
スポンサー様だった、FM関連会社の新年会に、
事務所ごと呼ばれたのだった。

当時の事務所は半蔵門にあって、
湯島は別にテリトリーでも何でもなかったのだけど、
親会社となって金を出してくれた社長が、
確かそこの人か何かで、
とにかく湯島に呼び出されたのである。

親会社は媒体が電波なので、
紙媒体+ソフト業界の片隅で、
ささやかにその日暮らししてた自分たちと比べると、
何かにつけハデではあった。
いや、湯島がハデということはないけれど、
飲み会はハデで、
いい加減酔っ払ってからの、
××片手の総取りじゃんけん大会(途中参加可)で、
最後まで勝って、その賞金を手に、次、次と、
4軒目まで行けたのを覚えてる。宵越しの金。

ああいうの貯めときゃ、
その後苦労しなかったのに。笑。

とにかく湯島は、
そんなわけで、あと某怪しい研究所もあったりして、
“異界”のイメージが。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.10

神籤

ちょいと遅めの、でも重要な、吉例、
初詣に行った。

Tenjinsama01

ここらへんは開拓したい場所の1つだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.09

Aさん杯

今日もM練がゴールデン・タイムに2時間あったのだけど、
D練の主宰者からAさん杯に誘われていたので、
四の五の言わずにそっちへ行った。
厳密に言うと、時間的にはM練ともハシゴはできたんだけど、
四の五の言わずに、だったので。笑。
もうそういう季節でもないし。

Aさん、というのは、
チームKで一緒だった元チーム・メイトのカミさんで、
その彼とはまったく関係のないD練で、
何回となく遊んでもらった。
遊んでる最中は知らなかったのだけど、同い年。
4年ほど前に他界した。
何か見なくなったなと思ってからあっという間の、
文字通り急逝だった。

実は、亡くなる少し前に、
道を歩いてる彼女とすれ違ったことがあった。
もっともこっちは車だったため、
その時間はあったにもかかわらず、
あえて窓を開けて声をかけたりはしなかった。
あれは何だったんだろう。
体調を崩してる話は聞いてたけど、
その時はまさか、
間もなく亡くなってしまうほどの病気だと、
思ってもみなかったんだよな。
のちのち、
あの時、声をかけとけばと、何度も思った。

さてAさん杯だが、
彼女のことをいつまでも忘れないよう、プラス、
元気なカミさんを亡くしたダンナを元気づけよう、と、
彼女のチーム・メイト+女子リーグの仲間が主体となって、
2年前に始められたらしい。

らしい…と書いたのは、
2年前の今ごろは、
こっちもあの世に行きかけてて、
Aさん杯どころじゃなかった。笑。
ということで、今回が記念すべき初出場。
四の五の言わずに行かねばなるまい。笑。

バディGで行われた4チーム対抗のサル。
結果は2位。
っても、優勝したのは、
Aさんチームメイトのバリバリな息子たち・20代前半を、
2人も擁するチームで、
しかも思いっ切り本気モードという、
そりゃムリだろって。苦笑。

ただチーム成績はともかくとして、
個人的には散々な出来だった。
結構いいパスも出してもらったのに、
1点も取れず…。
やってるのがフルコートばかり、だからかもしれない。
まぁ、全然異なる競技だからなー、
と言うと、あまりに言い訳っぽいので、
ホントは使いたくないんだけど、
フットボールとフットサルは実際に違うのだから、
しょうがない…ことを再確認した。
それほどにダメダメで、正直ちょっと凹む。苦笑。

試合後、久しぶりに、
というか、マジで3,4年ぶりぐらいに、
ダンナと話せたのは良かった。
この元チームメイトのダンナ。
フットボールが本職ではないんだけど、
別のとある球技系の世界で知らぬ人がいないくらいの、
有名人だそう。年はかなり上なんだけど。
チームKで蹴ってる?と訊ねたら、
腰を痛めてて、と言ってた。
ま、こっちも長いこと休んでて蹴ってないんだけど。苦笑。

来年も出ようと思ってる。ちょっと練習して。
まぁリーガも密でなくなって、苦しいんだけどなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.08

初蹴

例年になく遅くなってしまった?けれど、
平日より早く起きて、笑、
それでも若干遅刻して、苦笑、
8時からのM練習会へ。

左の前をやって体を温めて、キックがなってなかったけど、
SB→ボランチ→サイドハーフという感じ。
まぁ初蹴なので。

ボランチをやった時に1本、
みんながビックリするようなキラー・パス、笑、を出して、
初アシスト。
まぁ、キック・オフ直後で状況が把握できてたのと、
(もっと試合が進んでたらたぶん顔を上げる余裕なし。苦笑)
タイミングよく左サイドを駆け上がって、
シュートも決めてくれたSさんに負うところが大きい、
と、それくらいはよーくわかってますが。

トータルでも大勝利だったので、
2時間してキゲンよく帰る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.07

ぬぐ絵画

寝坊したのと、ついったの情報から、
Gyaoで久しぶりに「太陽」を見たりしてて、
ソクーロフ作品の中でもやっぱ、
しみじみ面白いよなぁ。
などとのったらのったらしくさってたので、
2時半ごろあわてて家を出て竹橋へ。

意欲展なのに、
黒田清輝時代の下半身偏重隠蔽や、
(乳は無問題なのか?)
萬鉄五郎裸体美人の左脇見せより、
右手の折れ方の方が、
はるかに気になったり、
ツボがそこはかとなく違ってるのは、
個人、より、時代のせいだよねきっと。

意外にぬぐコレクションも良かった。

意外といえば、竹橋の意外な店で、
意外なものを見つけた。
苦笑して、3つばかり買った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.06

再開3日目

まぁ普通かとも思うけど、
いまだ仕事をする気があまりないので、
ちょうどいいくらいだったと思う。予想通り。

Travaille
さあどこへ行こうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.05

がっちり買いましょう

最寄りのスーパーで買物。
細かい金が財布の中に、
1700円ちょっとしかなくて、
しかも買物の途中で、
そのことに気がついて、
カートからいくらか物を落として、
残りの買いたい物もガマンして、
ギリギリ、でも絶対1700円に、
収まるように計算してレジで精算、
したのに、1700円をオーバーしてしまい、
万札を崩さざるを得ないハメになった。
消費税を乗せるのを忘れてた。
でも、20円だよ、オーバー分。
20円…
何かじわじわと頭きた。

ユッスーが、
セネガルの大統領に立候補するらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.04

百人力

を出して、仕事を始めた。
高校サッカーが終わるころまで、
ひどい時には成人式のあたりまでタラタラしてると、
とんでもなく痛い目に合うことは、
身にしみてわかってるので。苦笑。
とはいえ百人力の必要なところが、
人間としてまだまだ。

夜。
アレから2年経ったことを教えられる。
体調は必ずしも万全とは言い難いんだけど、
そのくせ2年前の今日ということは、
すっかり忘れてた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.03

新年駒沢

ニッテレとかいう買付商社が、
すっかりやる気がないまくりなので、
1日だけでも行くか、と、自転車競技して駒沢入城。

偶然だったけど、
意外に面白いカードの、結構ハラドキな試合を、
2試合見た。

Koko1204

Koko1205

Koko1203

Koko1202

Koko1201

悪くない正月だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.02

最後のムーンライダーズ

暮れにニコ動で録画しといた、
タワレコルーフトップ最終ライヴをゆっくりと。

感想は書かない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012.01.01

帰省2012

いつものように幕が開き…
じゃなくて、いつものように帰省はした、

のだけれど、
40分くらい実家にいてから、
おせちも食わないうちに、
山手線に乗って、
いや、元日に、どころか、三が日に山手線に乗るのは、
たぶん生まれて初めてだったんだけど、
とにかく山手線、と総武線に乗って、
千駄ヶ谷まで。片道30分くらい、だったかな?

で、徒歩10分くらいのとこで、
しばらく待ってたら、
始まりーの、
で、こんな感じか。

Ganjitu1

元日の都心の風景。

Ganjitu2

すべて済んだ後の、
元日の黄昏が綺麗だった。
見たことない景色だったし。

Ganjitu3_2

ま、日が陰ったとたん、
凍え死ぬかと思ったが。

総武線、と山手線、
あと京急に乗って、
5時半ごろ再帰省した…模様。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | February 2012 »