« (秘)色情めす市場 | Main | イランイランイランイランイランイランイラン日本イランイランイラン »

2012.06.01

また逢う日まで

尾崎紀世彦氏が亡くなったとのこと。

個人的には最も初期にフェイヴァリットだった、
歌手の一人で、一番有名なヒット曲、
タイトルの「また逢う日まで」は、
ベースのラインも管の使い方も抜群にカッコ良く、
日本人による最上のヒッツヴィル(=モータウン)・サウンド、
とか思ってた。
同曲がレコード大賞を獲った翌72年には、
ちあきなおみの「喝采」がレコード大賞と、
まぁ日本歌謡の文字通り黄金時代でもあったわけだけど。

個人的な初期フェイヴァリットと言うと、
GSでは地味目だった「白いサンゴ礁」のズー・ニー・ヴーも、
そうなんだけど、
というか「白いサンゴ礁」はあのレスリーの音にやられて、
初めて買ったレコードだったんだけど、笑、
「また逢う日まで」の元曲が、
そのズー・ニー・ヴーの「ひとりの悲しみ」だったという縁は、
けっこう後で知った。

個人的な初期フェイヴァリットと言えば、
作曲家・冬木透もそうで、
彼の書いた「ウルトラセブンの歌」の、
3番目の「セブンー♪」が、
尾崎紀世彦だったということもけっこう後で知ったのだった。

音源こそいろいろ持ってるけれど、
尾崎紀世彦を聴かなくなって久しかった…

|

« (秘)色情めす市場 | Main | イランイランイランイランイランイランイラン日本イランイランイラン »

Oto」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference また逢う日まで:

« (秘)色情めす市場 | Main | イランイランイランイランイランイランイラン日本イランイランイラン »